【味よし量よしサイズよし】手軽に食べられる「スポーツようかん」とは ~持久力が必要なあらゆるシーンで活躍する「スティックようかん」~

スポンサーリンク

和菓子の代表格といえば「ようかん」ですよね。

濃いめのお茶に合わせて、ゆっくり頂きたいところですが、今、スポーツの栄養補給食として、「スポーツようかん」が密かなブームとなっています。

今回は、マラソンやトライアスロンなどの最中に、片手で気軽に栄養補給ができる「スポーツようかん」をご紹介します。

「スポーツようかん」とは何なのか?

「スポーツようかん」は、片手で持ってようかんを出し、体を動かしながら食べれることが特徴です。

名前の由来は「スポーツをしながら手軽に食べれるようかん」で、ハサミで封を切らずに、商品中央部をギュッと押すだけで中身のようかんが出てきます。

例えば、ポケットに入れてマラソン中に片手で取り出し、そのまま袋の真ん中を押せば出てきて食べることができます。

このため、手軽に栄養補給ができることでも話題になり、アイスクリームやおしるこ、ぜんざいなどで有名な井村屋から販売されています。

原材料は、生餡(なまあん)、砂糖、寒天、食塩、マルトデキストリン、パラチノースで、内容量は1本あたり40グラム、エネルギーは113キロカロリーです。

アスリートを中心に、手軽に栄養補給ができることが、話題になっています。

非常食としても有効

「スポーツようかん」は、片手で取り出して手軽にようかんを食べれることが、注目されています。

ようかんといえば四角を連想しますが、栄養補給や補助食としても使うため、発想を変えて食べやすくなるようなスタイルにしています。

登山やマラソンは、多くのエネルギーを消費しますが、手軽に摂取できることでエネルギー不足を防止、結果、体力を持続できます。

ようかん=和菓子というイメージがありますが、実際には、エネルギーが含まれ同時に糖分を摂取できるため、体が疲れることを防げます。

なお、北海道産の小豆や淡路島の藻塩を使うなど食材にこだわり、アレルギー物質が含まれていないため安心です。

賞味期限は2年間と長く、非常食としても役立ちます。

販売は、基本的にネット通販のみになり、井村屋ウェブショップや楽天市場などで扱っています。

手に持ちやすいサイズで賞味期限も長く、アレルギー物質が含まれていないため、人気が高いようです。

利用者の口コミは?

やはり、片手で取り出して栄養補給ができるため、マラソンや登山だけでなく災害でも使えると評判が良いです。

かばんやバッグなどに携帯しやすく、食べたあとはポケットに入れやすいため、ゴミにならないことも注目されています。

また、甘いお菓子のためエネルギーを補給しやすく、ゼリー系や薬とは違って食べやすいことでも人気があります。

マラソンやハイキング、登山などは、どうしてもエネルギーを消費しがちですが、「スポーツようかん」であれば、ポケットに入れてすぐに摂取でき、無駄な手間や時間が省けることが魅力です。

また、日本人には馴染みのある日本古来の甘さが身にしみる点も魅力です。

まとめ

いかがでしたか。

「スポーツようかん」は、スポーツ中にエネルギーを補給しやすくなるように開発され、賞味期限も長く、さまざまな用途で使えるため注目されています。

ようかんといえば和菓子のイメージがありますが、実際にはエネルギーや塩分を補給でき疲れない体を作れて効果的ですよ。

スポーツようかんのラインナップをご紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »