【コーヒーと相性バツグン】美味しくてオススメ「海外のお菓子」3選 ~ウォーカー)ショートブレッド、ロータス)カラメルビスケット、ネイチャーバレー)グラノーラバー~

スポンサーリンク

私はコーヒーが大好きで、毎日、数杯のコーヒーを飲みます。

まずは朝、起きてからコーヒーを淹れると、部屋中にコーヒーの香りが広がってとても良い気分になることが出来ます。

そして、その淹れたてのコーヒーを飲むと、目を覚ますことが出来ますし、気持ちもスッキリします。

また、仕事や家事でちょっと疲れた時にもコーヒーを淹れて飲みます。

すると、頭がスッキリして、また作業に集中することが出来ます。

さらに、甘いものを食べる時にも、コーヒーを飲みます。

甘いものとコーヒーの相性は抜群で、甘いお菓子を更に美味しく食べることが出来ますので、甘いものと一緒に飲むコーヒーも大好きです。

そして私は、海外の甘いお菓子と一緒にコーヒーを飲むことも、楽しんでいます。

もちろん、日本のお菓子の中にも、コーヒーと相性の良いものがたくさんありますが、たまには、ちょっと違った海外のお菓子を食べると気分が変わりますし、またコーヒーの楽しみ方も違ってくると思います。

今回は、そんなコーヒーとの相性が良い甘いお菓子の中でも、私が特に好きでおススメの海外のお菓子について、いくつかご紹介します。

どれも海外のお菓子ですが、アマゾンなどで購入することが出来るものばかりです。

イギリスの定番お菓子「Walkers(ウォーカー)のショートブレッド」

これは、イギリスの定番のお菓子で、バターがすごく良く効いていて、甘さも甘すぎず丁度良くて、サクサク感としっとり感のバランスが絶妙なクッキーです。

チョコチップが入ったものや、チョコレート味のものもあって、こちらも美味しいのですが、コーヒーに一番合うのは、定番のプレーン味だと思います。

イギリスの定番のお菓子ですから、イギリス旅行のお土産にもらったことがある人も多いのではないでしょうか。

スコットランドを象徴するタータンチェックの模様が入っているパッケージも、とてもキレイです。

ベルギーの定番お菓子「Lotus(ロータス)カラメルビスケット」

これは、ベルギーの定番のお菓子で、歯ごたえがしっかりしている、ちょっと硬めのビスケットです。

ちょっと甘めですので、このビスケットと一緒にコーヒーを飲む際には、ブラックか甘さ控えめのコーヒーがおすすめです。

小さめの薄焼きビスケットは1枚ずつ、個包装されていますので、好きな時に好きな量を食べることが出来て良いです。

また、ちょっと硬めのビスケットですので、コーヒーにちょっと浸してから食べることも可能です。

そうすると、ビスケットにコーヒーの風味がちょっと加わって、更に美味しくなりますし、歯ごたえも少し柔らかくなりますので、おススメの食べ方です。

アメリカで人気のシリアルバーブランド「Nature Valley(ネイチャーバレー)グラノーラバー」

これは、アメリカでポピュラーなグラノーラバー(グラノーラを固めて棒状態にしたもの)です。

色々な種類があり、クランチータイプとソフトタイプがありますが、コーヒーと相性が良いのは、クランチータイプのオーツやナッツが入っているものです。

歯ごたえが良く、程よい甘さのバーで、しかもグラノーラですから栄養バランスも考えられているので、普通のお菓子より、罪悪感無しで食べることが出来ます。

また、忙しくて食事の準備が出来ない時、ちょっとした軽食代わりに食べることも出来て便利です。

中には、ちょっとSea Salt(海の塩)が混ぜられているグラノーラバーもありますが、こちらは、甘さの中にちょっと塩気も感じることが出来て絶妙な美味しさですし、意外とコーヒーとの相性も良いですので、こちらもおススメです。

まとめ

いかがでしたか。

私はコーヒーが大好きで、朝起きてからすぐと、仕事や家事でちょっと疲れた時と、甘いものを食べる際にはコーヒーを飲んでいます。

今回は、そんなコーヒーと相性がとても良くて、美味しくておススメの海外のお菓子を3品ご紹介しました。

海外のお菓子は、いつもとちょっと違った気分を味わうことが出来ますし、コーヒーとの相性もバツグンです。

アマゾンなどのネットサイトで購入することが可能ですから、是非、コーヒーと一緒に試してみて頂きたいです。

更に、コーヒーが好きになるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »