毎日の掃除は大変!そんな掃除が辛くならない方法はこれ!~掃除を楽しくする5つの方法~

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、これが苦手と思うことがありますね。

その中でも、家事は大変です。

仕事になると、「お金をもらっている」という意識があるので、なんとか気持ちを持つことができます。

しかし、家事の場合は、そんな風に思うことができないのです。

その結果、大きなストレスを感じてしまうことになるのです。

毎日のことなので、なんとかしたいですね。

そんな時、考えようで、その家事の一つの掃除を楽にできる方法があります。

その考えと方法で、辛いと思わずに乗り切りましょう。

ここでは、そんな掃除が辛くならない方法についてご紹介します。

少しづつでもいいので、参考にして実施して頂ければ幸いです。

掃除はスポーツと思おう

掃除をする時に、嫌な家事をしていると思うと辛くなるのです。

そんな時、スポーツをしていると思うと、気持ちが楽になります。

布団を干すときなど、普段使うことがない筋肉を使うことができるのです。

わざわざスポーツをしなくても、筋肉を作ることができます。

しかも、毎日続けることで、かなりの刺激を与えることができるのです。

階段を上がるときは、太ももの筋肉を必ず使います。

また、重たいものを持つときには、腕の大きな筋肉を使うのです。

普段の生活でも、十分に筋肉を使っていることが分かります。

時間を決めて行う

だらだらと家事をしていると、メリハリがないのでなんとなく嫌になってしまいますね。

その結果、今日はやめておこうと思うこともあります。

しかしその間に、家事はどんどんたまることになるのです。

時間のある時に行うのは、溜め込むことがないのでとてもいいですね。

溜め込んでしまうと、ストレスを感じることになるので、時間を決めて家事を行いましょう。

その時、「今日は30分家事をしよう」と思うことにします。

特に掃除の場合は、「フローリングと、その他のココをしよう」と決めるとやりやすいです。

フローリングは毎日掃除をするという人が多いですが、その他の場所についてはそんなに意識をしてしていないこともありますね。

すると、年末に大変なことになるのです。

そのことから、毎日「ココはしよう」と時間を決めて行うと、時間内は頑張ろうと思うことができるのでやりやすいです。

ダイエットと思う事

掃除をしていると、かなり疲れます。

雑巾がけ、掃除機など1時間ぐらい行うとかなりの労力です。

そのことを、辛い仕事と思うとより辛くなります。

その掃除を、ダイエットができると気持ちを切り替えるとどうでしょうか。

その気持ちになると、なんとなく嬉しくなりませんか?

掃除をする時も、カロリーを消費できると思うと、やりやすいです。

気持ちをそんな風に持って、掃除をしましょう。

まとめてしない

掃除をする時に、まとめてこの日にすると思うと、嫌になってしまいます。

しかし、こまめにすると、そんな気持ちになることがありません。

一番いいのは、汚れていると思った時に、さっと掃除をすることなのです。

掃除機等は、音がするので近所の迷惑になると思うことがありますね。

そんな時には、掃除をする道具について、見直してみましょう。

掃除機は、最近では静かなものもあります。

そんな掃除機を検討してもいいかもしれません。

また、モップなどにすると、音を気にすることなく行うことができます。

掃除道具はおしゃれなものを選ぼう

掃除をする時、楽しくしたいですね。

その時、さっと取り出すことができることがベストです。

プラスマイナスゼロ コードレスクリーナー ホワイト XJC-Y010

取り出すのに時間がかかると、嫌になります。

軽い、取り出しやすいものを選択しましょう。

また、部屋の中においても、邪魔にならないおしゃれなものがいいですね。

それだと、さっと掃除をすることができます。

目の前にあると、一番掃除をしやすいです。

まとめ

いかがでしたか。

どの方法も、比較的実行やすいものかと思います。

いくつかだけでもよいので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

きっと、掃除が楽しい習慣になりますよ。

考えかたを変えて、掃除も辛いと思わずに楽しんじゃいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »