【手料理で胃袋を掴め!】料理が苦手な人が料理上手になって男性の胃袋を掴む方法 ~男の胃袋とココロをつかむ手料理~

スポンサーリンク

料理は「どこから手をつけたら良いか分からない」人が多いと思います。

母親に料理の方法を聞いても、

「分量は適当」とか

「大体の方法でやってる」とか

曖昧に答えが返ってきませんか?

私も初めは料理が苦手で、料理がどの調理法でできるのかが、全く分からなかったのです。

しかし、今では旦那の胃袋を掴むことができるくらい、料理上手になりました。

料理が上手くなりたい女性は多いと思うので、料理下手でも上手くなる方法をご紹介します!

まずは料理の基本を学ぶ!

勉強するときはまず、公式などの基本を学びますよね。

それと一緒で、料理もまずは基本を学ぶことが大切です。

料理といったら、お洒落なものを作りたくなる人も多いかとは思いますが、始めはぐっと我慢して基本を学びましょう。

基本を学ぶ方法には、2つあります。

料理教室に通う方法と、料理本の基本の料理を作る方法です。

料理教室は、お金は多くかかりますが、材料が既に準備されているので、楽に学ぶことができます。

プロの先生がついてくれるので、分からないことはその場で質問ができますし、授業のカリキュラムがしっかりしているので、上達が早くなります。

一旦、お金をかけて習ってしまえば、その後「一生付き合っていく料理が得意になれる」と考えれば安いものかもしれませんね!

料理本は「料理の基本が多く載っているもの」を選びましょう。

始めは、料理本に載っているレシピ通りに、野菜も調味料も準備して実践してみることが重要です。

レシピ通りに作ることで「この料理にはこの調理法で作る」、「大さじ1はこれくらい」とだんだんレシピを見なくても作ることができるようになっていきます。

料理本に載っている基本の料理を、どんどん作ってみてくださいね。

何をするにも、基本がなければ上手くなりません。

まずは、みっちりと基本を学びましょう。

便利な調理グッズを活用する

料理初心者でも失敗しづらいのが、圧力鍋を使った調理です。

圧力鍋を使った料理本も出ていますし、ネットで調べれば、たくさん出てきます。

圧力鍋は、具材や調味料を入れて蓋をして加熱するだけででき、圧力をかけて調理するため固いものも早く柔らかくなり時短調理ができます。

料理初心者にありがちな「まだ固かった」、「味が染み込んでいなかった」などの失敗が少なくなります。

ぜひ、便利グッズを利用して、失敗を少なくしましょう。

電子レンジを活用する

料理初心者は、慣れないとどうしても調理時間が長くなってしまいます。

調理時間は、短い方が料理に取り組みやすいですよね。

野菜の和え物であれば、野菜をチンするだけで火を通すことができるので、そのあとは醤油や砂糖で和えるだけで和え物が完成します。

煮物などは、根菜類に火が通るまでに時間がかかるので、予めレンジで加熱しておくと、時間短縮ができます。

レンジを上手く活用して、時短調理を目指しましょう。

基本が身についてきたら応用の料理を作ってみる

料理を始めたら、個人差はありますが、大体半年〜1年くらいで、要領が掴めるようになってくるかなと思います。

基本が身についたら、ネットや雑誌などで紹介されているような、お洒落な料理にも挑戦してみましょう。

洋食や中華なども作ることができるようになると、グッとレパートリーが広がり、料理そのものが楽しくなってきます。

そのうち、味のアレンジなども自由自在にできるようなって、料理が楽しくなりますよ!

最近は、アプリなどで動画で調理の様子を配信してくれる物もあり、分かりやすいので活用してみましょう!

出典:みきママChannel

まとめ

いかがでしたか。

料理には、慣れが必要です。

基本を学んでは実践し、コツコツと続けてみてください。

男性は、胃袋を掴めばこっちのものです!

料理上手になって、ぜひ男性の胃袋を掴んでくださいね。

スポンサーリンク
Translate »