【神に選ばれし聖なる声】歩みを止めない唯一無二の歌声「元ちとせ」おススメ曲5選 ~六花譚(ロッカバラッド)、雫、はなだいろ、ワダツミの木、語り継ぐこと~

スポンサーリンク

奄美大島出身の女性歌手「元ちとせ」。

民謡を思わせる独特な節回しの歌声が彼女の特徴であり、また大きな魅力でもあります。

今回は、そんな「元ちとせ」の楽曲から、特にオススメな5つの曲をご紹介します。

どれも、心からオススメする楽曲ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

ドラマ「氷点2006」主題歌「六花譚」

タイトルは「ロッカバラッド」と読みます。

2008年にリリースされた4作目のオリジナルアルバム「カッシーニ」に収録されています。

この曲は、テレビ朝日系スペシャルドラマ「氷点」テーマソングに使用されました。

落ち着いた曲調から、サビに向かって盛り上がるほどに、「どこまで上がるの!?」と驚くくらい声のトーンが上がっていきます。

その美しい声の技巧が、ストレートな想いを綴った歌詞と絡まり合い、聞く人の胸を打つのです。

タイトルだけ見ると難しそうな歌に感じられますが、その分、多くの人が共感しやすい曲なので、元ちとせ初心者にもぜひオススメしたい1曲です。

スキマスイッチの楽曲をカバー「雫」

2010年にリリースされたカヴァーアルバム「Orient」に収録されています。

アニメ「獣の奏者エリン」の主題歌であるスキマスイッチの楽曲を、元ちとせがカバーした作品になります。

スキマスイッチのバージョンとは雰囲気がガラリと変わっているので、元の楽曲を知っている人にも、ぜひ聞いてみてほしい1曲です。

この曲を初めて聞く人は、元ちとせのイメージとはやや異なるアップテンポな曲調に、少し驚くかもしれません。

しかし、元ちとせの伸びやかな歌声、そして独特な節回しは、バラードはもちろん、この「雫」のようなアップテンポな曲でも遺憾なく発揮されるのです。

そのギャップをぜひ味わってみてください。

テンポが心地よい「はなだいろ」

2006年にリリースされた3作目のオリジナルアルバム「ハナダイロ」に収録されています。

こちらも、先にご紹介した「雫」とはまた違った意味で、聞く人を驚かせる1曲です。

アップテンポで、曲調は「オーソドックスなJ-POP」という雰囲気を持ったこの曲は、「ワダツミの木」や「語り継ぐこと」しか知らない人にとっては、予想外なのではないでしょうか。

しかし、この曲はそれだけ、聞く人を選ばない曲であるともいえます。

この曲は、メロディ・歌詞ともに明るく前向きで、聞いていると心が軽くなります。

テンポが心地よく、音程も常に高すぎず低すぎずといった調子なので、カラオケで歌いやすい1曲でもあります。

「カラオケで歌いやすい元ちとせの曲」を探している人には、この曲を1番にオススメしたいです。

島唄特有の空気を醸し出した名曲「ワダツミの木」

元ちとせの代表作ともいえるこの楽曲。

2002年にリリースされたメジャーデビューシングルとなります。

ゆったりとしたバラード調の曲ですが、静けさと盛り上がりの対比が激しく、その強かな響きが胸を打ちます。

特に、畳みかけるようなラストは鳥肌モノです。

壮大な音楽に対し、歌詞はいたって素朴で、その内容は大人びているのに、不思議とひとつの童話のようにも見えます。

作り手の無垢な内面までが見えてきそうな、まさに代表作に相応しい美しい楽曲です。

アニメ「BLOOD+」ED曲「語り継ぐこと」

アニメ「BLOOD+」として使われたこの曲。

2005年にリリースされた第6作目のシングルとなります。

元ちとせを知らなくても、「この曲なら聞いたことがある」という人もいるのではないでしょうか。

曲の始まりは至って静かで、曲全体もゆったりとしています。

しかし、サビはどこか力強く、特にタイトル通り「語り継いで」から始まる最後のサビは、鳥肌が立つほどの盛り上がりを見せます。

そして、最後の最後はやはり静かに、幕が下ろされるのです。

比較的有名な曲なのでベタかもしれませんが、「元ちとせの曲を聞いてみたい」と考えている人には、真っ先にオススメしたい1曲です。

まとめ

いかがでしたか。

「元ちとせといえばバラード」というイメージを持っていた人もいるでしょうが、ご紹介したとおり、元ちとせの楽曲にはアップテンポな曲もあります。

しかし、どの曲も、一度聞けば「元ちとせの歌声だ」と分かるものばかりです。

色々な楽曲を聞けば、きっと気に入る1曲が見つかると思うので、ぜひ1度お気に入りの1曲を探してみてください。

元ちとせ公式サイト。ライブ・イベント情報、メディア出演情報、ディスコグラフィー
「防弾少年団(ぼうだんしょうねんだん)」は、2013年にデビューを果たした韓国の男性7人で構成されたヒップホップグループです。 デビュ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »