さぁ、あなたもドラムを始めましょう! Let’s Begin The Drum!!  ~ドラムを演奏してヒーローになろう~

スポンサーリンク

華麗なスティックさばき、超高速連打、しなやかな腕の振り、ツーバスなどなど、

テレビやロックフェスなどで活躍しているプロドラマーの演奏は、見ていて全身に鳥肌が立つほどにカッコいいですよね。

しかし、やはりドラムは、他と比べてあまり人気のないパートです。

軽音楽部などでバンドを組むと、ドラムは押し付け合いになることが多い、そんなパートなのです。

ドラムは、ボーカル、ギター、ベースのように、ステージを自由に動き回ることができないので、どうしても「地味」「華がない」というイメージを持たれがちです。

さらに、ギターなどと違い、家での練習が難しいことから「敷居が高い」というイメージも持たれてしまいます。

不人気なのも無理ありません。

しかし、私は敢えて言いたいです。

新しく何か楽器を始めるなら、絶対にドラムがオススメであると。

では、なぜ私がドラムを推すのか、その理由を見ていきましょう。

初期投資が最安値!

そりゃあ、セット一式買い揃えようと思ったら、そうとう値が張ります。

しかし、そこまで本気で極めずに、とりあえず友達とバンドを組んで、ライブハウスや学祭で楽しく演奏できればいいのなら、ギターやベースより初期投資を安く抑えられるのが、ドラムだったりします。

ギターやベースは、趣味のバンドであっても、皆さん自前の楽器を持っていますよね。

あれ、相当安く抑えたとしても、一万を切ることは滅多にないでしょう。

さらにギターは、エフェクターに懲り出すと止まらなくなり、どんどんお金を費やすことになります。

一方ドラムは、楽器は基本的にレンタルになるので、マイスティックさえ用意できれば始められるのです。

まぁ、ドラムは家での練習が難しいので、練習する度にスタジオ代が掛かるのがネックではあります。

ですが、それでもやはり、スティックさえ買えば始められる手軽さは、他のパートにはないメリットであると言えるでしょう。

予算は、1セット1500円以上は見ておきましょう。

演奏中に飛ばしてしまった時用の予備もあるといいので、2セット以上買うのがオススメです。

8ビートが叩ければ、あなたもヒーローに!

先述にもあるように、ドラムは押し付け合いになるくらい不人気のパートです。

逆に、ボーカルとギターはとても人気があります。

よって、プレイヤー過多となり、バンドを組む時にプレイヤーがあぶれてしまうことが多いのです。

なので、ボーカルやギターに関しては、ただ音程が取れる、ただ簡単なコード弾きが出来るだけでは駄目です。

しかしドラムは、8ビートがキレイに刻めれば、バンドに困ることはなくなるでしょう。

なぜならドラムは、バンドに対してプレイヤーが不足しがちなパートだからです。

さらに、初心者が集まる場だと、ドラマーの中でも8ビートがキレイに刻める人が限られてくるので、キレイに叩ければバンドから必要とされます。

しかし、初心者にとっては、その8ビートが鬼門ですよね。

手と足をバラバラに動かすので、慣れるまではけっこう大変です。

しかし、一度マスターしてしまえば、自転車に乗るのと同じく、無意識に叩けるのが8ビートなのです。

ちなみに、右手のハイハットを意識しないで、スネアどバスドラムに意識を集中させて叩くと8ビートがキレイに叩けるようになります。

あとは、それを軸により高度な技も取り入れて、引き出しを増やしましょう。

これであなたも引っ張りだこです。

最後に

皆さん、ドラムを始めたくなりませんでしたか?

ドラムは、とても楽しい楽器です。

さらに、体を動かすので、いい運動にもなりますし、ストレス発散にもなります。

今、趣味がないなあと思っている方は、レパートリーの一つに、ドラムを入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
Translate »