【リゾートバイトがしてみたい!】スキー場の圧雪バイト体験談 ~ゲレンデ整備の雪上車(圧雪車)オペレーターでリソバ体験~

スポンサーリンク

今回は、私が以前に経験した「スキー場でのお仕事」についてお話します。

私が働いていた職は、北海道のスキー場での圧雪オペレーター。

「圧雪」という言葉に、聞き馴染みがない人もいるかもしれませんね。

圧雪車と呼ばれる特殊な重機でゲレンデのコースを整備する、スキー場には欠かせないセクションです。

その圧雪車の運転手のことを「オペレーター」と呼びます。

元々経験があったわけではありませんが、採用に至りました。

今回は、その圧雪オペレーターの仕事の体験談をご紹介します。

【一日の流れ】

圧雪チームが本格的に動くのは、ゲレンデの営業が終了してから。

おおよそ、午後5時頃から翌朝8時頃までの間です。

スキー場によってそれぞれではありますが、私がいたスキー場では、 先発隊と後発隊の2交代で行っており、先発隊は午後5時から深夜1時頃の間、 後発隊は早朝4時から午後1時頃までの勤務となっていました。

私は後発隊に配属となり、1シーズン勤務しました。

一日の仕事の流れとしては、まず4時に出勤したら業務の準備を開始します。

具体的には、誰がどのコースを担当するかなどのチーム内での打ち合わせ、 圧雪車の暖機運転、防寒着への着替えなどを行います。

そして、4時半頃にそれぞれの担当コースでの作業を始め、営業開始の9時までに全ての作業を終わらせます。

積雪などにより作業時間が長引く可能性もありますので、基本的に時間には余裕を持たせており、 ほとんどの日は8時頃には作業が終了していました。

ゲレンデでの作業が終了した後は、そのまま圧雪車で駐車場や敷地内などの除雪を行います。

その作業が昼頃まで続き、昼食後に簡単な圧雪車の整備や点検を行い、勤務終了となります。

ネットビジネスとは、文字どおり「インターネットを利用したビジネス」のことですが、これだけではなかなかイメージが湧きづらいと思います。 ...

【圧雪オペレーターとして働くには?】

「圧雪車なんて乗ったことないけど…」という方がほとんどだと思いますが、やる気次第で未経験でも挑戦することは出来ます。

私も圧雪車に乗るのは初めてでしたが、なんとか1シーズン勤務することが出来ました。

実は、圧雪車の運転に関しては、必要な資格や免許などはありません。

ゲレンデ内は公道ではありませんから、自動車の運転免許などがなくても、法的にはなんの問題もありません。

ただ、大型特殊免許や作業機械系の免許などがあると、採用面ではプラスになるようです。

私は、大型特殊免許を保有していた事が評価され、採用になったそうです。

期間工は、求人広告などで広いスペースを使って大々的に募集している場合も多いため、その広告を目にしたことがあるという人も多いでしょう。 ...

【メリットとデメリット】

さて、私がこの職種を希望した理由ですが、 一言で言うと「スノーボードがしたかったから」です。

もしかすると、この記事を読んでいる人にも、スキーやスノーボードが好きで、スキー場でのアルバイトを考えているという方も、いらっしゃるかもしれません。

シーズン中、寮で生活できれば、ゲレンデが激近だったり、フリーパスが手に入ったりと確かにメリットは多いのですが、実は意外と滑る時間がなかったりします。

よくよく考えれば当たり前の話で、スキー場で働いているのだから、営業時間中は大体仕事なんですよね。

滑れるのは、休日と僅かな休憩時間ということがほとんどです。

その点、圧雪オペレーターの仕事は営業時間外です。

仕事が終われば、そこからは自由に滑ることが出来ます。

実際、私も仕事が終わる午後1時から営業終了までの約4時間ほどは、毎日滑ることができました。

逆に一番大変なのが、悪天候時の作業です。

スキー場ですので、山奥での勤務になります。

冬の山の天気というのは本当に変わりやすく、視界が全くなくなるような降雪や吹雪といった場面に出くわすことも珍しくありません。

日が昇る前の時間ですし、もちろん街灯などあるわけもないですから、ヘッドライトの明かりだけを頼りに作業することになります。

視界が真っ白になってしまい、自分のいる場所もよくわからなくなってきます。

作業効率も一気に悪くなりますし、なにより神経をものすごく使いますので、精神的な疲労が半端ではありませんでした。

しかし、そうした苦労もあるからこそ、作業中に時折見られる絶景には、本当に心を奪われます。

山頂で作業中、雲ひとつない空が日の出とともに一気に朝焼けに染まる瞬間は、本当に息が止まるかと思いました。

大学生の中で人気のアルバイトの一つに、個別指導塾のアルバイトがあります。 集団塾だと、その会社の社員が教えることが多いのですが...

【まとめ】

いかがだったでしょうか?

以上が、私が実際に体験したリゾートバイトのほんとの話です。

趣味の時間を充実させたり、仲間との出会いがあったりと、リゾバは得る物が本当に沢山あります!

もし、今挑戦しようか迷っている人は、思い切って飛び込んでみましょう!

自分の世界が、一気に広がりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »