【自由度の高いフランチャイズ】個人経営の飲食店に見せかけた「ステルスFC」とは? ~ステルスフランチャイズのメリット・デメリットについて~

スポンサーリンク

個性的な飲食店のように見えて、裏側の仕組みはフランチャイズチェーンという「ステルスフランチャイズ」が全国で増えているのをご存知でしょうか。

フランチャイズ経営と、個人経営のいいとこどりの様に思える「ステルスFC」。

今回はそんな「ステルスFC」についてご紹介します。

まず、一般的なフランチャイズのデメリットとは

フランチャイズ経営する場合、本部に対してお金を支払う必要があります。

いわゆるロイヤリティーという形で、売上金の一部を支払うシステムです。

また、一般的なフランチャイズの場合、あまり自由にお店をカスタマイズできない事があります。

基本的には、本部の指示通りに経営していく事になりますから、色々な制限事項もあるのです。

ステルスFCのメリット

ところで、冒頭でも触れたステルスFCも、フランチャイズの1つではあります。

ただ、ステルスFCの場合は、比較的自由に経営できるメリットがあるのです。

【メリット1】通常のフランチャイズよりも自由度が高い

ステルスFCは、通常のフランチャイズよりも自由なスタイルになります。

その1つは、お店の名前です。

そもそも、フランチャイズ経営をしていますと、どうしてもお店の名前が制約されてしまいます。

コンビニなどのフランチャイズの場合は、そのコンビニの名前になってしまうでしょう。

その点、ステルスFCの場合は、お店の名前に関する制約はそれほど厳しくありません。

基本的には、自由に名前を決められるのです。

さらに、内装に関するメリットもあります。

一般的なフランチャイズ経営の場合は、内装が制限されてしまう事も多いです。

基本的には、本部の指示通りに内装を決めることになりますから、自分の希望通りのレイアウトにできるとは限りません。

ところが、ステルスFCの場合は、内装に関する制約はそれほど厳しくありません。

基本的には、自分の希望通りのレイアウトにする事ができるのです。

ある程度、自由にお店を経営できるのは、ステルスFCの大きなメリットの1つです。

【メリット2】ロイヤリティーは比較的低い

また、ステルスFCの場合は、ロイヤリティーに関するメリットもあります。

上記でも少々触れた通り、一般的なフランチャイズ経営は、ロイヤリティーが高めな事もあります。

しかし、ステルスFCは、ロイヤリティはそこまで高くはありません。

特に、飲食関連のお店は、ロイヤリティは比較的低めになっている傾向があります。

本部に支払うお金も比較的低めであるだけに、ステルスFCに注目している方も少なくありません。

【メリット3】短い時間で仕込める

また、ステルスの場合は、業務効率が良くなるケースも多いです。

特に、飲食店は、その傾向が顕著です。

飲食店を経営するなら、来店客に差し出す料理の仕込みも行わなければなりません。

個人経営の場合、料理の仕込みは、かなり時間がかかってしまう事もあります。

ところが、ステルスFCの場合は、仕込み時間をかなり短くする事も可能です。

外部から材料を調達する事により、短時間で仕込みが完了するからです。

ステルスFCのデメリット

ただし、ステルスFCは、メリットばかりではありません。

オリジナリティーに関するデメリットもあるのです。

確かに、ステルスの場合は、ある程度は自由にお店を経営できるメリットはあります。

その代わり、自分で色々と考えなければなりません。

他のお店との差別化も考える必要がありますから、通常のフランチャイズ経営よりは、若干手間がかかる一面もあります。

まとめ

いかがでしたか。

差別化に関するデメリットはあるものの、ある程度自由にお店を経営できるメリットは大きいです。

ロイヤリティーも比較的低めであるだけに、ステルスFCを前向きに検討している方も少なくありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »