【多様化する勤務形態】「派遣社員」として働くメリットとは ~柔軟で自由なワークスタイル「派遣」という働き方~

スポンサーリンク

派遣という働き方には、色々なメリットがあります。

アルバイトと同じく、給料は時給で計算されますが、稼ぎやすいという声も多いです。

正社員と違って、比較的採用されやすい傾向がありますし、あまり手間をかけずに働けるメリットもあります。

今回は、そんな派遣のメリットをご紹介します。

派遣の給料の特長

正社員という働き方の場合、基本的には月給制になります。

1ヶ月分の給料は、翌月に支払われる企業が多いですが、お勤め先によっては、翌々月になる事もあります。

それに対して、派遣という働き方は、月給計算ではありません。

基本的には、アルバイトと同じ給料計算になります。

アルバイトという働き方の場合は、時間給で計算され、働いた時間分だけ、給料が支払われるシステムになっています。

派遣会社によっては、かなりスピーディーに給料を受け取ることも可能です。

派遣の求人を色々見てみますと、日払いや週払いと明記されている事もあります。

数日中に支払われる派遣会社も沢山ありますから、早期にお金を確保できるメリットがあります。

しかも、派遣の場合、アルバイトよりは給料も高めです。

アルバイトという働き方ですと、時給は1,000円未満になってしまう事もあります。

郊外エリアの場合、最低賃金の数字はあまり高くないからです。

ですが、派遣の場合、時給1,200円以上の求人も沢山あります。

東京エリアですと、1,500円以上の派遣案件も珍しくありません。

アルバイトよりは、派遣の方が稼ぎやすい訳です。

比較的採用されやすい

ところで、お勤め先を探している方は、しばしば苦戦しています。

そもそも、会社で働くためには、もちろん人事選考を受ける必要があります。

スーツ姿で会社のオフィスに訪問し、人事担当者による面接を受けなければなりません。

企業によっては、採用のハードルはかなり高くなっている事もあります。

書類選考で落とされてしまうケースもありますから、注意が必要です。

それに、対して派遣という働き方の場合、それほどハードルは高くないという声もあります。

実際、派遣は採用率も比較的高いです。

派遣先次第ですが、正社員よりは高い傾向はあります。

スムーズに採用されやすいのも、派遣という特徴の1つなのです。

派遣スタッフとして働くまでの流れ

なお、派遣社員として働くためには、スタッフ登録の手続きも必要です。

その流れですが、まずは派遣会社に連絡します。

WEBや電話などで連絡して、派遣会社のオフィスで面談を行う訳です。

そして、コーディネーターと呼ばれる担当者と話をして、自分の職歴などを伝えます。

スタッフ登録が完了すれば、派遣会社から色々な求人が紹介される訳です。

その際、顔合わせと呼ばれる面接を受けなければなりません。

ですから、派遣の場合は、少なくとも2回は面談を受ける事になります。

来社不要で登録できる派遣会社も

ですが、最近の派遣業界は、状況が少々変わりつつあります。

来社しなくても登録できる派遣会社も、最近増えてきているからです。

その流れですが、まずはWEBで連絡する事になります。

派遣会社の公式サイトにアクセスして、色々な登録情報を送信する訳です。

住所や職歴などの個人情報を送信しますし、身分証明書の写真データを送信する事もあります。

データ送信が完了すれば、派遣登録は完了です。

この場合、わざわざ、派遣会社のオフィスに訪問する必要はありません。

ちなみに、派遣会社によっては、電話面接を受ける事もあります。

ですが、派遣会社のオフィスに行く事はまずありません。

もちろん、正社員の場合は、そうではありません。

何回も面接を受けないと、採用されない企業も沢山あります。

まとめ

いかがでしたか。

このように、派遣という働き方には色々なメリットがあるのです。

正社員よりも採用されやすいですし、手続きも比較的簡単です。

時給も比較的高めな求人も沢山ありますし、派遣という働き方に注目している方も多いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »