【国際線】海外に赤ちゃんを連れて飛行機に乗る際の注意点 ~2歳未満の乳幼児でも運賃は無料でない!?~

スポンサーリンク

最近はグローバル化が進んだことによって海外が身近となり、旅行に行く人も増えましたね。

そんな中「赤ちゃんを連れて海外に行きたい」と考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、特に2歳未満の乳幼児を連れて海外に行く場合、「飛行機の中でどうするか」ということを考えなければいけません。

ここでは、2歳未満の乳幼児を連れて海外に行くときに、気をつけるべきことについて紹介します。

乳幼児の航空券や定員について

2歳未満の乳幼児は、基本的に座席を用意する必要がありません。

乳幼児を大人の膝の上に座らせて乗せることができます。

この場合、国内線は無料ですが、国際線は乳幼児の分の航空券も、幼児運賃として(大人運賃の10%)一緒に購入しなければいけません。

また、乳幼児を一人で座らせる場合は、小児運賃(大人運賃の75%)がかかります。

ただし、航空会社や路線によって異なりますので、使用する航空会社のHPで確認が必要です。

また、飛行機によって何人の乳幼児が乗れるか異なります。

基本的に、乳幼児の人数というのは、乳幼児用のライフジャケットの数によって決まりますので、購入する前に事前に航空会社に連絡を入れておいた方が良いでしょう。

どの飛行機に乗りたいかということを明確にした上で、航空会社に連絡をすれば、乳幼児があと何人乗れるのかということを教えてくれます。

また、基本的に、大人1人当たり2歳未満の乳幼児を2人連れて乗ることができます。

そのため、例えば、1人の大人が1歳の三つ子を全員連れて飛行機に乗るという事はできません。

バルクヘッドを確保

2歳未満の乳幼児には、基本的には座席がありません。

という事は、「大人が乳幼児を膝に乗せていなければいけない」ということになります。

ちなみに、大人1人で2歳未満の子供を2人連れて飛行機に乗る場合、子供の1人は座席が必要になります。

しかし、普通の座席で、子供を膝に乗せた状態でいるというのは、なかなか簡単なことではありません。

そもそも、子供を膝に乗せた状態では、トレイテーブルを使うこともできませんし、前に座っている人がリクライニングシートを利用して座席を倒した場合、乳幼児が挟まってしまうという危険性があります。

「航空会社がそんなことするわけない」と思う人もいるかもしれませんが、実は航空会社はそのような安全性を考えていないことが多いです。

赤ちゃん連れの夫婦が窓際に追いやられてしまい、非常に大変な思いをしたということも珍しくは無いのです。

そのため、乳幼児を連れて飛行機に乗るのであれば、バルクヘッドの座席を用意してもらいましょう。

バルクヘッドというのは、1番前の足元に余裕がある座席です。

ここの壁には、乳幼児のためのベッド「バシネット」というものを取り付ける機能があり、乳幼児をそこに寝かせておくことができます。

1歳を過ぎた乳幼児は、大きくなっているので「バシネット」を利用することができませんが、足元に余裕があるという事、そして前に誰も座っていないという事から、乳幼児が挟まってしまう危険性がありません。

そして、本来ならば乳幼児連れの家族には、バルクヘッドの座席を用意するべきなのですが、近年では、このバルクヘッドの席は足元に余裕があるということで人気があり、有料になっていることが多いです。

また、夫婦で乳幼児を連れて飛行機に乗る場合、お母さんはバルクヘッドの席を用意してもらえるにもかかわらず、お父さんには隣の席を用意してもらえない、ということもあります。

しかし、いくらバルクヘッドであったとしても、乳幼児を連れた状態で食事をしたり、トイレに行ったりするのは困難です。

また、乳幼児が飛行機の中で泣き出してしまった場合や、どちらかが仮眠を取りたい場合など、やはりパートナーの助けが必要になります。

ですから、2人揃ってバルクヘッドに座れるよう、航空会社に問い合わせる必要があります。

乳幼児の離乳食について

安全性の問題から、国際線の場合は、一人当たり100ミリリットル以上の液体物を飛行機内に持ち込むことができません。

しかし、離乳食に関しては例外となり、子供のための食事であれば機内に持ち込みが可能です。

ただし、離乳食の持ち込みは、乳幼児を連れている場合のみ可能であり、乳幼児がいないにも関わらず離乳食を持ち込むことができません。

航空会社によっては、果物などの離乳食を用意してくれることもありますが、やはり月齢に合わせて用意しておいた方が良いでしょう。

出典:ANA

レトルトなどは、客室乗務員に頼めば温めてもらえますし、お湯が必要なものも問題はありません。

ジュースなども、乳幼児用のものであれば持ち込みが可能です。

そして、開封済みであっても大丈夫です。

乳幼児のための離乳食やジュースをひとまとめにしておきましょう。

セキュリティーチェックの時に「これは離乳食です」と言えば、そのままセキュリティーを通してもらえます。

【ANA公式サイト】特別機内食(スペシャルミール)。国際線の空港・機内でのサービスに関する情報はこちらから。海外旅行のお役に立つ情報が満載。旅の計画・準備はANAのホームページで。

まとめ

いかがでしょうか。

多くの航空会社では、赤ちゃん向けのエンターテイメントや食事などを用意していますが、そのようなものは、基本的に2歳以上の子供に向けられたものであり、2歳未満の子供に対しては主張しなければ用意してもらえないということも珍しくはありません。

ですから、赤ちゃんを連れて飛行機に乗るときには、自分で航空会社に問い合わせておくことが大切です。

スポンサーリンク
Translate »