【ヨーロッパきっての国際都市】ベルギーでの当たり前のこと3選

スポンサーリンク

チョコレートやビール、ワッフルと言えば、ベルギーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

特にビールは、ドイツやベルギーが有名ですよね。

ここでは、そんなヨーロッパの国、ベルギーに来たときに覚えておきたいポイントについて、ご紹介します。

ビールは水よりも安い

ドイツやベルギーと言えば、「ビールは水よりも安い」ということを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

日本の場合、レストランや喫茶店に行くと、まず「お冷や」が出てきますよね。

しかし、このようなものはベルギーでは出てきません。

むしろ、出てくる国の方が少ないかもしれません。

もしも、レストランや喫茶店で水が飲みたいとなったら、水は買わなければいけません。

例えば、お店に行ってミネラルウォーターを購入しようと思えば、3ユーロかかります。

しかし、1番安いビールならば、2ユーロちょっとなのです。

つまり、確かにビールの方が水よりも安いということがわかります。

もちろん、ビールによっても値段が違いますので、すべてのビールが水よりも安いというわけではありません。

DuvelやLeffeなど、日本でも知られているようなビールの場合は、値段がそれなりに高くなります。

しかし、日本で飲むより安い値段でビールが飲めますので、ベルギーに来たら絶対にビールは楽しまなければいけません。

トイレに入るのにお金がかかる

どこであっても、トイレは必要ですよね。

そして日本の場合、どこのトイレに行ってもきれいで清潔、というイメージがあります。

しかし、ベルギーはそうでもありません。

ベルギーのトイレは、実は有料です。

ブリュッセルやアントワープ等の観光地に行くと、トイレに入るために50セントから1ユーロ払わなければいけません。

スーパーなどでも、30セントから50セントほど支払わなければいけないと、書かれていることがあります。

そして、トイレには常に、そのお金を受け取るための清掃員がおり、その人がトイレをきれいにしているのです。

しかし、清掃員が常にいてお金をとっているからといって、トイレが必ずしも綺麗であるというわけではありません。

確かに、清掃員がいないトイレよりも若干綺麗かもしれませんが、それでも日本人の女からすれば、綺麗とは言えません。

スーパーなどでは、お金を払って食品を買うわけですから、「そこのトイレに入るのに50セント払わなければいけないなんておかしい」と考える人も少なくはありません。

実際に、お金を払うつもりなくトイレに入り、清掃員に声をかけられたとしても無視して行く人はそれなりにいるようです。

ただし、観光地などだと、本当にお金を払わなければトイレに入れてもらえないということもありますので、ベルギーに限らず、ヨーロッパではトイレに行く時に、50セントほどは持っておいた方が良いでしょう。

トイレに行きたくても、「お金を持っていなかったが故に入れてもらえなかった、恥をかいた」と感じる人は少なくありません。

ベルギーに限らず、ドイツやスイスなどでも同じことがありますので、西ヨーロッパでは小銭を持ち歩くということを忘れない方が良いでしょう。

公共交通機関はあてにしてはいけない

日本の公共交通機関は、すばらしいですよね。

新幹線に至っては、遅れる事はまずありません。

そんな公共交通機関に慣れている日本人にとって、ベルギーの公共交通機関は地獄です。

ストライキが簡単に起こる国ですから、

「1時間に1本しかない電車がキャンセルされた」

「電車が30分遅れている」

「電車がキャンセルされたから、空港に行くための特殊な電車を使わなければならず、余計なお金を払わなければいけなくなった」

などというのは日常茶飯事です。

ですから、電車やバスを使う場合、それらがキャンセルされるかもしれない、などということを念頭に置いておく必要があります。

まとめ

いかがでしたか。

ヨーロッパというと、どうしても華やかなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、やはりサービス等の点では日本の方がたけているといえます。

そのために、ストレスを感じることもあるかもしれません。

しかし、日本のようなサービスがないからこそ、海外に行くときには常に安全に配慮して行動しなければいけないのです。

スポンサーリンク
Translate »