機能性だけではない!おしゃれなサッカーのユニフォーム ~ナイジェリア代表ユニフォーム2018は世界中で人気~

スポンサーリンク

スポーツブランドが提供するサッカーのユニフォームは、薄くて丈夫な生地で出来ているために動きやすく、激しいプレーにも耐えることができます。

また、汗を吸い取って、それを即座に乾燥させる機能などが備わっているために、着心地も抜群です。

そんな優れもののサッカーユニフォームですが、おしゃれなデザインのものも多く、普段着として着用する人も増えています。

では、実際にどのようなものがあるのか、そのうちのいくつかをご紹介したいと思います。

イタリア代表【2000年】

出典:サッカー各国代表&クラブユニフォーム

イタリアの有名ブランドであるカッパが、2000年に開催されたヨーロッパ選手権用に、デザインしたモデルです。

カラーは、ホームがスカイブルーで、アウェーがホワイトとなっています。

今では、様々なスポーツブランドが、タイトなユニフォームを提供していますが、2000年イタリア代表モデルが、その先駆けであると言えます。

イングランド代表(アウェー)【2002年】

出典:サッカー各国代表&クラブユニフォーム

ワールドカップ日韓大会で着用されたイングランド代表モデル(アウェー)は、サッカー界では珍しいリバーシブルのユニフォームです。

アンブロが提供するこのユニフォームは、表面に伝統的なレッドカラーを採用しており、裏面はネイビーとなっています。

大会中は、ネイビーでの着用はありませんでしたが、1枚で2通りのデザインを楽しめるということで、このユニフォームのレプリカモデルは、多くの人によって購入されました。

イングランド代表(ホーム)【2004年】

出典:サッカー各国代表&クラブユニフォーム

2004年に開催されたヨーロッパ選手権用にデザインされたモデルで、これもイングランドのスポーツブランドであるアンブロによって、提供されています。

襟付きのオーソドックスなユニフォームは、2000年のアウェーモデル同様、リバーシブルとなっています。

ポロシャツのようにして着用できることから、普段着としても使い勝手の良いアイテムです。

ナイジェリア代表【2018年】

出典:サッカー各国代表&クラブユニフォーム

2018年のワールドカップで使用されたナイジェリア代表モデルは、世界中で爆発的な人気を得ました。

ナイキが提供するこのユニフォームは、グリーンを基調としたモデルで、ナイジェリア代表の愛称であるスーパーイーグルスにちなみ、鷲の羽のような文様が施されています。

これまでとは異なる斬新なデザインのこのユニフォームを、普段着として着用している人が多いことからもわかるように、ファッション性の高いアイテムです。

ベルマーレ【2004年】

出典:サッカー各国代表&クラブユニフォーム

「こんなブランドが、サッカーのユニフォームを提供しているの!」

と驚かされることがあります。

2004年に、Jリーグのベルマーレが着用していたユニフォームは、サーフブランドとして有名なPIKOによって提供されていました。

このユニフォームは、ラッシュガードをイメージしてデザインされており、湘南地方をホームとするベルマーレに、ぴったりのモデルでした。

ザスパクサツ群馬【2004年】

出典:サッカー各国代表&クラブユニフォーム

錦織選手やフェデラー選手といった、一流テニスプレーヤーと契約しているユニクロですが、実は2004年から2005年にかけて、Jリーグのザスパクサツ群馬に、ユニフォームを提供していたことがあります。

カラーは、シンプルなネイビーを基調とし、イエローが差し色として用いられている、おしゃれなものです。

当時、ユニクロのスポーツウェアは、それほど知られておらず、尚且つ、このユニフォームは、一般的なものに比べると価格が低く抑えられていたために、その珍しさやリーズナブルプライスが影響して、多くの人が購入しました。

まとめ

いかがでしたか。

サッカーのユニフォームにも様々なデザインのものがあり、提供しているブランドによっも個性が現れています。

Tシャツ感覚で着用できるものも、たくさんあるために、機能性の高いファッションアイテムとして、購入してみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
Translate »