誰もが取り組める生涯スポーツ「ソフトテニス」を今こそ始めよう!~軟式テニスのすすめ~

スポンサーリンク

なかなかメジャーではないスポーツながらもはまってしまうもの、これはいくつもあります。

そして、何を隠そうわたしもその内の1人です。その対象はソフトテニス。

実際にこのソフトテニスと聞いてもぴんとこない方もいるかもしれません。

むしろ、高齢の方なら軟式庭球と言われた方がピンとくるのではないでしょうか。

中学の部活動から高校、大学を経て、社会人になった今でも続けているわたしがその魅力について語っていきたいと思います。

中学の部活動では最も部員が多い

以外に知られていないかもしれませんが、ソフトテニスは中学の部活動では最も部員が多いです。

ここにはいくつか理由があります。

本来なら、中学から軟式ではなく硬式のテニス部があれば、そちらに部員は流れるのでしょうが。残念なことに指導者が少なく、かつ部活動で行うよりも幼い頃から本格的に習っている人口の方が多いこともあって、なかなか部活動としてはなじみません。

そして、中学で最も多い部活動ですが、高校になると硬式テニスに、鞍替えしたり、ほかのスポーツに走ってしまうことが多いのも事実です。

それでも、体育会系の部活動があれば、ほとんどの学校ではソフトテニスは行われていると言えるでしょう。

さらに大学です。大学までソフトテニスを本格的にしているのであれば、それはかなりハイレベルな方々だと言えます。逆にそこに達しない方々はサークルでのソフトテニスを楽しむという形をとるのではないかと思います。

社会人としての楽しみ

社会人がソフトテニスを楽しむということも増えています。

もちろん、大学まで本格的にプレイをし、社会人になっても実業団で継続する方もいますがこれこそほんの一握りの存在だと言えるでしょう。

むしろ、近隣のクラブに入ったり、初心者ながらも健康のために始めるといった方々も多いのが実態だと言えるかもしれません。

ですから、人口としては中学生から少しずつ大学になるに連れて減っていき、あた年齢とともに人口が冷えていくという構図が出来上がっていると言えるでしょう。

競技の楽しみ

ソフトテニスの楽しみはやればやるほど深く、そして味わい深いことがわかってきます。

もちろん、硬式テニスに比べると多少スピードも落ちますが実際に競技してみるとかなりにスピード感があることがよくわかります。あんなゴムボールがすごい音を立てて、テニスコートを行き来することを体感するとなかなかやめられないという気持ちになってきます。

それもやればやるほど上達しますのでその面白さも倍増していくわけです。

何しろ、気軽に始められることもあって、だれでも簡単にその世界に入りやすいのがポイントでしょう。女性でも子供でも大人になってからでも少しさがせば、クラブチームやサークルがありますので。

スポーツとして

一見、ちょっと運動量も少なく簡単に見えるかもしれません。

しかし、実際にはそんなことはありません。

ラケットを振るスイングするところ、ダブルスは基本とは言え、テンスコートを駆け回ること、ラリーが長く続くことによるスタミナ消耗などを考えると非常にハードなスポーツです。

それもレベルが上がれば上がるほど、ようするにながく競技すればするほどその事実が身をもってわかってくることになります。

だからこそ、長くプレイしている方々は競技から離れることなく生涯スポーツとして継続していくことになるのです。

競技としての奥深さ

スポーツは運動神経センスだけでそのレベルが決まってしまうと考えられますが、ソフトテニスはそんなことはありません。

趣味として長く楽しむだけではなく、競技スポーツとして高いレベルに目指すにあたっても、運動神経や強さだけではなく努力や戦術、ダブルスならではのコンビプレイでいくらでもレベル上げていくことができるのです。

これこそがソフトテニスの奥深さであり楽しみの最も大きなポイントになると言えるでしょう。

例えば中学から本格的にソフトテニスを行っていてなかなか目が出なかったとしても、自分自身の考えをしっかり持って頑張っていれば大学になってから、もしくは社会人になってから突然穴が開いているレベルが上がることもあります。

または個人個人は大したレベルではなくてもダブルスだけに2人でいろいろ考えて試合を行えば個人の能力が高い部屋にも勝利することができるのが面白いところです。

生涯スポーツとして最適

メジャーなスポーツではないだけに中学から高校大学と長く続けていけばいくほど人間関係もより深くなっていきます。

それだけに生涯スポーツ最適と言えるのは人間関係をつないでいくスポーツとしての素晴らしさも持ち合わせているからです。

そして、前述のように一生懸命努力していればいつかは上手になるのがソフトテニスのポイントになります。

まさしく誰もが取り組みやすい、かつ、生涯続けていけるスポーツとしてソフトテニスは幅広くお勧めできると断言できます。

スポンサーリンク
Translate »