「婚約者」として知っておきたい心構えや考え方、やるべきこと

スポンサーリンク

大好きな人からのプロポーズは「人生のパートナー」になって欲しいということですよね。

「どんなことが起こっても、同じ道を歩いていこう」と決めた瞬間です。

他人であった自分たちが、家族になることをお互いの心に決めたプロポーズのその先には、家族になるための準備や大切なことがあります。

結婚する上では避けて通れない道であり、非常に重要なことです。

逆を言えば、その部分を適当にすませてしまうと「2人の結婚が祝福されない」ということにも成りかねません。

今後の人生を、ずっと一緒に歩いていくと決めたからこそ、1人でも多くの人に祝福されたいと思うのは、人間として当たり前の気持ちだと思います。

「今後、幸せな家庭を築くために必要なこと」

「新米夫婦の門出を祝ってもらうのに必要なこと」

結婚に向けて、またその先の生活に向けて、やるべきことをしっかりと1つずつこなしていくことが重要になります。

今回は、婚約者として知っておきたい心構えや考え方、やるべきことをご紹介します。

「親」の存在

結婚していく上で、最も味方になってもらいたいし、味方になってもらうことで心強いのは「親」だと思います。

最近では「できちゃった結婚」という話がよくありますが、親の世代では、できちゃった結婚は「筋が通っていない」「順番が違っている」ということで、ものすごく嫌います。

指輪、式の日取り、会社や友人への報告、結納、新居など、段階を踏んだ準備をしっかりとしていくことで親も認めてくれます。

結婚とは自分のためであり、親のためでもあるので、親に認められるためにも念入りに準備をすることです。

「婚約者」という立ち位置

「大好きな人と、これからずっと一緒にいる」というのは、誰しもが望むことであると思います。

そして、そしてプロポーズを受けた瞬間から「恋人」というステータスから「婚約者」というステータスになります。

法律的には何の縛りもない「婚約者」というステータスであっても、様々な局面で状況は変わってきます。

私自身の経験ですが、パートナーが交通事故にあって救急車で運ばれたときの診断結果を「婚約者だから」という理由で立ち会って聞かせてもらえた事もありました。

そういう意味で、婚約者とは、法的に認められる一歩前段階での「家族の入り口」と言えると思います。

「婚約者」としてすべきこと

プロポーズをされて婚約者となったら、やるべきことはたくさんあります。

「他人が家族になる瞬間」というのも一生に一回のことだし、一番近い存在である親にしっかり認めてもらう為にも、やることはたくさんあります。

指輪、結婚式、入籍、周囲の人への報告、新居、新婚旅行、様々なものの名義変更、そして子供のこと等々。

「婚約してから、結婚するまでの人生設計」をパートナーとしてみることです。

お金がその分掛かってしまうことではありますが、認められるべき人に認めてもらうためと、「一生に一回しかない」ということから、後悔しないためにも様々な目線から「やるべきこと」、「やらなくてもよいこと」のリストを作成してみることです。

その際は、1人で決めるのではなく、パートナーと一緒に決めることが大事です。

「婚約後にやることリスト」が完成したら、それを実施する順番を決めましょう。

単に順番を決めていくのと同時に、現実的な予算面を考えながら日程などの具体的なスケジュールを決めてしまうのが良いと思います。

親や会社、友人へ報告するときにも「具体的にいつ」と決まっていた方が良いと思います。

「結婚」という人生の一大イベントに伴い、会社の場合は勤務状況の融通をきかせてくれたり、親に関してもその後の資金援助などの具体的な道筋が見えてくるので「やることリストを具体的に詰めていく」というのが重要になります。

まとめ

いかがでしたか。

大好きな人と、一生一緒にいられるという人生の夢が叶う瞬間だからこそ、後悔したくないし、多くの人に認められながら、幸せな人生を歩んでいきたいと誰もが思うはずです。

だからこそ、そのためにも自分たちができることをしっかりと、一つずつクリアしていくことが大事だと思います。

「結婚」という「家族になる」ということに向けて、色々な準備を楽しみながら幸せ街道を歩んでもらいたいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »