【いっチャイナ】中国に観光旅行に行く際に注意したい3つのポイント ~パスポート、トイレ、大気汚染~

スポンサーリンク

最近は、観光旅行で中国に行く人も増えましたね。

国際関係の悪化によって、一時期は中国に行く人が少なくなったとも言われていましたが、最近では北京や上海に行く人が増えています。

ここでは、中国に旅行に行く時に、覚えておきたい事を3つ紹介します。

パスポートは常に持ち歩く

海外に行くと、パスポートを紛失したくないからという理由で、パスポートは常にスーツケースに入れ、持ち歩かないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、中国に行ったときには、パスポートは必ず持ち歩かなければいけません。

「持ち歩いたら紛失するかもしれない」

「絶対に持ち歩きたくない」

と思うのであれば、それこそ必ずパスポートのコピーは持ち歩かなければいけません。

というのは、中国では国内の不法労働者の取り締まり強化が行われており、例えば駅などで警察官が立ち並び、一人ひとりの身分証明書をチェックする、ということが行われています。

そんな時、外国人にとっては、パスポートが唯一の身分証明書になりますので、それを提示しなければそもそも通してもらえません。

しかし、このような警察官は、あくまでも国内の不法労働者を探しているだけですのでパスポートを見せれば中身をチェックされることなく、通してもらえることが多いです。

また、天安門広場や博物館などに行く時、身分証提示しなければいけないことがあります。

例えば、天安門広場などでは、セキュリティーチェックを受けて、そこに入ることができますが、セキュリティーチェックを受ける際に、身分証明書を提示しなければいけないことがあるのです。

そんな時、パスポートがなければ通してもらえませんので、せっかくの観光がダメになってしまう可能性があります。

ですから、パスポートは必ず持ち歩きましょう。

パスポートのコピーでOKの場合もあれば、原本が必要な場合もあるので注意が必要です。

トイレが汚い

中国と言えば、トイレが汚いということで有名です。

北京や上海などは都会ですから、便座がないという事は少ないですが、基本的には和式のトイレが多いです。

洋式のトイレは、あくまでも障害者のため、1つだけ用意されているような状態だったり、あるいは、清掃員の掃除の手間を省くために常に鍵がかかっていたり、ということも珍しくはありません。

そして、和式の場合、日本のような金隠しがありませんので、とにかく飛び散ります。

だからこそ、床が常に汚い状態になっています。

そして、中国はトイレットペーパーを流しません。

トイレットペーパー自体が、水に溶けるような仕組みではなく、さらにトイレットペーパーを流せるほどの水圧がないため、トイレットペーパーは便器の横に置いてあるゴミ箱に捨てて行きます。

そのために匂いが充満し、換気されていないトイレなどは、とても入れるようなものではありません。

そして、トイレットペーパーは個室にはありません。

ラッキーだったら、手を洗うところに大きなトイレットペーパーが設置されており、必要分手に取って中に入ります。

個室の中には、トイレットペーパーはまず設置されていませんし、水道の所にトイレットペーパーがあったとしても、空になっていることが多く、基本的にはティッシュなどを持参した方が良いでしょう。

そもそも水に流しませんので、ティッシュペーパーでも構いません。

大気汚染に注意

特に北京は、その大気汚染でも知られていますので、心配だという人もいるかもしれませんね。

北京の大気汚染がひどいというのは、本当のことです。

大気汚染の程度を示すために空気質指数というものがあり、最悪の状態が500になりますが、中国の空気質指数は500になることが確かにあります。

地域にもよりますが、中国北部ではセントラルヒーティングが使われており、11月15日から3月15日にかけて暖房が利用されます。

このとき、各部屋に巡らされているパイプに、お湯が流されるスタイルで暖房になるのですが、このお湯を沸かすために石炭が使われているのです。

そのために空気が汚れやすくなり、この時期は大気汚染が深刻化します。

実は、11月から3月は観光地などでも入場料が安くなり、なんとなくお得に見えるかもしれません。

しかし、その分大気汚染が深刻化する時期ですので、例えば喘息を持っていたり、「思う存分観光地を楽しみたい」、「高くてもいいからきちんとした環境で観光したい」、などと思う人は11月から3月は避けた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

どうしても旅行に行くとなると、オフシーズンに行きたいと考える人もいるかもしれません。

しかし、中国のオフシーズンは健康的にも問題が生じる可能性がありますので、出来る限り4月から10月、特に夏場に出かけると良いですよ。

スポンサーリンク
Translate »