【マンチェスター・シティFCのホームスタジアム】エティハド・スタジアムの各スタンドの特徴とは!? ~イングランドのクラブチームの使うスタジアムで2番目に収容人数の多いシティ・オブ・マンチェスター・スタジアム~

スポンサーリンク

ざったりーの
今回は、マンチェスター在住「mirai」が、エティハド・スタジアムの各スタンドの特徴を紹介するよ!

mirai
それでは紹介しますね!

日本にも、コアなサッカーファンが沢山いて、Jリーグのみならず、色んな国の色んなリーグのサッカー現地観戦に行かれる方が、近年増えていると思います。

私自身は、マンチェスターに在住していて、マンチェスター・シティFCのシーズンカードを保持して10年以上になります。

私が、マンチェスター・シティー以外のチームの観戦に行く時、特に海外リーグだと「どこに座ろうか?」と迷います。

そんな時、「色んなスタジアムの席情報があればいいな・・・」といつも思うのです。

ですので、今回はマンチェスター・シティーの本拠地、エティハド・スタジアム(Etihad Stadium)のシートガイドを書いてみたいと思います。

出典:ticketbureau

メインスタンド(コリンべル・スタンド)

選手達が出てくるトンネルのある、選手や監督のベンチのあるメインスタンドです。

二階席の多くの部分がVIP席になっていて、たまに有名人が座ってます。

試合全体が良く見えます。

あまり野次を飛ばしたりする人が少ないですし、このスタンドの左半分側で、サブの選手達がウォ―ムアップしますから、一階の前の方に座れば選手達を近くで見る事ができますし、ベンチの様子や、タッチラインでの監督の様子もよく分かります。

マンチェスター・シティーのコアなファンじゃないけど、試合を一度見て見たい・・・と思われる方に一番お勧めです。

イーストスタンド

メインスタンドの向かいのスタンドです。

個人的には特に特徴の無い席ですが、メインスタンドの真向かいなので、メインスタンドの様子が正面からよく見えます。

メインスタンド同様、試合全体が良く見えるシートです。

野次を飛ばす人も少ないですので、コアなファンでない場合は座りやすいと思います。

ファミリースタンド

家族用スタンドです。

子供のサッカーチームとかが招待されて見てる事も多いです。

かつては、ノーススタンドと呼ばれていました。

子供連れに最適の席です。

子連れ家族が多く観戦しているので、野次を飛ばす人もいませんし、子供連れで安心して観戦できるシートです。

アウェーファンからも一番遠いです。

ファミリースタンドの右側のコーナー近くに、ウォームアップしているサブの選手達がよく溜まっていますから、前の方でしたら、選手達が間近に見えます。

ただ、ゴール裏ですから、反対側で起こってる事がよく見えないのが難点ですが、その分、このシートは価格が一番安いです。

サウススタンド

野球のスタジアムでいうと、聖地一塁側外野・・・と言ったところでしょうか。

シンギング・セクションとも呼ばれており、スタジアム中のこのスタンドだけが立ったままの観戦がOKで、コアなファンがずっと歌っていて、野次も凄い、一番ガラの悪いスタンドです。

アウェー・ファンの真横ですから、試合によってはペットボトルの投げ合いとかも起こったりします。

ファミリースタンド同様ゴール裏ですから、反対側で起こってる事が見えにくいですし、サブの選手達もウォ―ミングアップしに来ません。

実は、数年前まではサウススタンド側でサブの選手がウォ―ミングアップしていたのですが、アウェーの選手への野次が物凄すぎて、選手側から苦情が出て、反対側になったようです。

ここまで書いて「デメリットばかり!?」と思われたでしょうが、もし、あなたがコアなマンチェスター・シティーファンであれば、このスタンドに座る事を超お勧めします。

このスタンドほど、熱いスタンドはありませんので。

そして、ファミリースタンドの次に、このスタンドは値段も安いです。

ただ、シーズンカード保持者が多くを占めるので、チケットはとりにくいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。

先シーズンのチャンピオン、今年も現在トップを走っているマンチェスター・シティーを観戦しに来られる時は、参考にしていただけたら光栄です。

スポンサーリンク
Translate »