早起きは三文の得!東京ディズニーシー(TDS)を効率よく回る方法

スポンサーリンク

子供から大人まで、大人気の東京ディズニーシー。

混雑している日に、少しでも多くの乗り物に乗りたい!

そんな方にお勧めする、攻略法を伝授します。

早起きをする

もっとも大事なポイントといっても、過言ではありません。

早起きして、最低でも入場口がオープンする1時間前までに、入場口にスタンバイしていれば、2時間以内で人気アトラクションに3~5つ乗れること、間違いありません。

特にディズニーシーは、舞浜駅から15分の徒歩で来る人や、ディズニーリゾートラインに乗ってこられる人が大勢いて、そこの移動時間を含めずに駅で待ち合わせ、という方が多いようです。

なので、実際1時間前に待ち合わせ!としていても、実際ディズニーシーの入場口につくのは30分前になってしまうことがあります。

そういう方がいることもあって、30分前になると、一気に込み始めます。

8時開園であれば、最低でも6:30には駅で待ち合わせ、もしくは駐車場に付くように計算をしましょう。

手前のアトラクションでファストパスを取り、スタンバイは奥にあるアトラクションで!

さあ、冒険とイマジネーションの海、東京ディズニーシーに入園しました。

さて、まず一番に皆さんがすることといえば、「ファストパスを取る」ですよね。

一番してはいけない失敗は、「インディージョーンズ」や「レイジングスピリッツ」で、ファストパスを取ることです。

実はこれって、ものすごいもったいないことをしているんです。

入園するとまず半分以上の人は、「トイストーリーマニア!」か、「タワーオブテラー」か、「センターオブジアース」のいずれかに乗る人が実は多いので、奥のほうにある「インディージョーンズ」や「レイジングスピリッツ」は、オープンして1時間ほどは、5分から20分くらいで乗れちゃうことがほとんどです。

そして、「トイストーリーマニア!」に乗る予定があるかないかによっても、スケジュールが変わってきます。

もし、「トイストーリーマニア!」に乗りたければ、もちろん1番始めにファストパスを取りに行きましょう。

ファストパスを取るだけでも、30分以上待つことがあるので、取り終えたらすぐに「インディージョーンズ」もしくは、「レイジングスピリッツ」のスタンバイに並びましょう。

それからでも、少ない待ち時間で乗れます。

もし、乗る予定がなければ、はじめに「センターオブジアース」のファストパスを取って、奥のほうへ向かいましょう。

「タワーオブテラー」でももちろんいいのですが、ファストパスの時間を考えると、朝1でいくと、おそらく9:30-10:00から1時間のファストパスが取れるかもしれません。

時間が過ぎてしまうと、ファストパスが無効となってしまうので、できるだけ奥のエリアに近い「センターオブジアース」のファストパスを取ることをおすすめします。

ディズニーシーは景色も綺麗で、友達とついつい話していると、時間の経過を忘れてしまいますが、移動時間だけでも、かなり時間がロスしています。

なるべく効率のいい移動をしましょう。

ご飯は、プライオリティーシーティングを使おう!

プライオリティーシーティングとは、簡単に言うと東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、ディズニーホテルのレストランを予約できるシステムです。

混雑している日や、人気レストランはこれがとっても役に立つのです。

ご飯のために並ぶというのは、本当に一番の時間の無駄使いともいえます。

行きたいレストランが決まっていれば、予約をしてからパークに向かうことをおすすめします。

予約をしていなくても、朝ファストパスを取るタイミングで友人には、チケットを渡しファストパスを取りにいってもらい、自分はレストランを予約する、というプランもいいでしょう。

前日までの予約の時点で、キャンセルされた分や、余った予約枠を朝取ることができます。

人気レストランだとその時点でも、余った枠がないこともありますが、是非トライしてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ちょっとしたコツの積み重ねで、ディズニーシーをもっと楽しめるようになります。

他にもコツはたくさんありますが、この3つさえ守っていれば、かなり効率よく一日を周ることができます。

スポンサーリンク
Translate »