馬券以外の競馬のおもしろさや魅力とは ~競走馬はたくさんの人たちの思いを乗せて走っている~

スポンサーリンク

昔はギャンブルのイメージしかもたれていなかった競馬ですが、ここ何年かでそのイメージはだいぶ払拭されました。

オグリキャップ、ディープインパクト、そして2017年の有馬記念を最後に引退したキタサンブラックなど、競馬ファンのみならず多くの人を虜にした名馬の登場が、競馬を一躍大衆的な娯楽へと昇華させました。

そんな競馬のおもしろいところ、人を惹きつける点とはどこなのか、馬券以外で簡単にまとめてみました。

サラブレッドの走る姿が美しい

競馬で走っているサラブレッドは、どのサラブレッドも例外なく、ピカピカの馬体をしています。

これは、サラブレッドを毎日世話している厩務員さんが、ブラシを使って体を磨いているからです。肌ツヤ良好、美しい姿を見せてくれるサラブレッドは、人が見て単純に「美しい」と思える存在です。

今は映像技術の進歩により、たとえ直接競馬場へ来訪しなくても、サラブレッドの美しい姿は見ることができます。

競馬中継のテレビ番組を見れば、そんな美しいサラブレッドが走る姿を見られます。たとえ馬券を買うことなくサラブレッドの走る姿をただ見るだけでも、競馬に熱中できます。

また、その美しさに心を打たれるのは男女を問いませんので、最近ではサラブレッドの姿を見ることを目的に競馬を始めた女性のファンが増えてきています。

サラブレッドが美しいのは誰もが認めるところで、その点が競馬人気を根底から支えているのかもしれません。

あらゆる世代で活躍する個性たっぷりの騎手たち

競馬での主役はサラブレッドに違いありませんが、そんなサラブレッドとコンビを組んでレースを盛り上げているのが騎手です。

騎手はあらゆる世代で構成されていて、とてもおもしろいです。

例えば、競馬界のレジェンド、武豊騎手の存在が与える競馬人気への影響は絶大で、武豊騎手のファンは数えきれないぐらいたくさんいます。

2017年に競馬界を盛り上げた、キタサンブラックの主戦騎手だったのも武豊騎手で、名実ともにナンバー1なのは誰もが認めるところです。

また、ここ数年の競馬界を語るうえで欠かせない騎手といえば、M・デムーロ騎手とC・ルメール騎手です。

もともと、短期免許取得という形で日本で何度も騎乗しては、大レースで活躍していた両騎手ですが、今は日本の騎手として1年を通し騎乗しています。

リーディングでは常に上位を賑わしていますし、G1レースを次々と制覇するなど今の競馬界はこの2人抜きには語れないです。これからも、日本の競馬界を引っ張っていく存在であることに間違いありません。

また、男社会といわれる競馬社会の中で孤軍奮闘している女性騎手が、藤田菜七子騎手です。

藤田菜七子騎手は、まだデビューしてそれほど経っていませんが、十分健闘しています。今は年を追うごとに勝ち鞍が増えてきており、勢いに乗っています。

先行しているときはそのままスイスイと押し切ることもあり、女性らしい可憐なレースぶりを見せています。ダートレースでは減量の特典がありますし、これから先も活躍の予感がする競馬界のニューヒロインです。

このように、さまざまな騎手が競馬界を盛り上げていることは間違いありません。

サラブレッドだけではなく、お気に入りの騎手が見つかれば、それだけで競馬を見てみようという気持ちになります。騎手目当てで楽しむファンも立派な競馬ファンですので、そういうところも競馬人気を高めている理由なのかもしれません。

強いサラブレッドたちが競馬をどんどん盛り上げていく

名伯楽といわれて何度もG1を制覇している藤沢和雄調教師に、悲願の日本ダービー勝利をプレゼントした「レイデオロ」、北島三郎さんがオーナーで、競馬界全体が祭りのように盛り上がった「キタサンブラック」、無傷の3連勝で朝日杯フューチュリティSを勝った「ダノンプレミアム」など、競馬界を盛り上げるのはいつでも強い馬たちです。

これらの馬たちは、どんなときもファンの声援に応えて走り、そして結果を出します。

キタサンブラックのような歴戦の古馬も、まだまだ若駒のダノンプレミアムも競馬界を盛り上げるのに一役買っています。

キタサンブラックはすでに惜しまれつつ引退していますが、レイデオロやダノンプレミアムはまだまだこれからの飛躍に期待がかかる馬です。

そんな、日本を代表するようなサラブレッドたちが、これからどんなレースをしてくれるのか、それを見守っていくだけでも競馬ファンになる意味があります。

まとめ

競馬は強い馬たちだけではなく、未勝利戦で必死にあがいている馬にもドラマがあります。

何度も挑戦して勝てなかった未勝利戦を、やっと勝って次のステージへとステップアップできる馬もいれば、残念ながらそうでない馬もいます。

しかし、そんなドラマがあるからこそ競馬はおもしろいですし、どんなレースをサラブレッドが見せてくれるのかとても楽しみになります。

競馬はただ馬券の的中だけを楽しむ娯楽ではなく、サラブレッドそのものや騎手たちのドラマも含めて競馬なのです。

スポンサーリンク
Translate »