「Sexy Zone」片思いソング5選 ~よびすて/名脇役/恋がはじまるよーー!!/帰り道 to you/君だけFOREVER~ 曲の中に込められている言葉の数々は、今の気持ちを代弁してくれます!

スポンサーリンク

胸が苦しくなるような片思いをしたとき、聴きたくなるのが「片思いソング」。

2011年に結成されたSexy Zoneは、デビュー曲「Sexy Zone」以来、多くの曲を発表してきました。

そんな数多くの曲の中には、様々な片思いにまつわる楽曲がリリースされています。

そこで今回は、おススメ「片思いソング」をご紹介します。

これまで、Sexy Zoneの曲を聴いたことがないという人にも、おススメですよ。

Sexy Zone初のミディアムバラード「よびすて」

2016年10月にリリースされた12枚目のシングルです。

Sexy Zone初のミディアムバラードで、男性の淡く切ない恋心を綴った歌詞が特徴的です。

佐藤勝利さんの透き通るような声からスタートするこの曲は、心を掴まれます。

曲の切ない雰囲気に、さらに佐藤さんの声で切なさがプラスされていて、印象的な一曲です。

出典:Top J Records

感動系のバラード「名脇役」

2018年2月にリリースされた5枚目のオリジナルアルバム「XYZ=repainting」に収録されています。

アルバムに収録されている曲で、Sexy Zoneの感動系バラードとしては、ファンの間でもかなりの人気があります。

とてもゆっくりとした音楽で、これもまた彼らの声に合っています。

恋を経験した人なら多くの人が抱くジレンマをとても切なく歌い上げていて、共感できるところが沢山あります。

さらにその魅力を感じるのは、メンバーの歌声です。

感情を押し殺しているような、まるで泣いているような歌声は、恋の難しさを教えてくれて、青春を思い出させてくれるような作品になっています。

佐藤勝利さんの凛々しくもあり切ない声が、この曲を一気に盛り上げてくれます。

1日10分からできる!節約・副業でお小遣い稼ぎ!ポイ活ならモッピー

恋は楽しい!「恋がはじまるよーー!!」

2019年3月にリリースされた6作目のアルバム「PAGES」に収録されています。

2019年のコンサートにて小学生の衣装を着た演出を披露しましたが、これはかなり印象に残るものでした。

その衣装を身に纏い「わちゃわちゃ」するメンバーの姿もファンから好評で、みんながはしゃぐ姿を見れる貴重な作品になっています。

少し高めの彼らの掛け声からスタートするこの曲は、アップテンポに加えて掛け声も賑やかなので楽しく、恋の始まりを感じさせてくれます。

前向きな歌詞に、自然と自己肯定感や元気を貰えるような力があります。

出典:Top J Records

失った大切さに気づく「帰り道 to you」

2019年10月にリリースされた両A面シングル「麒麟の子/Honey Honey」に収録されている作品です。

恋の切なさを延々と歌い上げているのが印象的で、何気ない日々の大切さを教えてくれるのが「帰り道 to you」です。

改札口やコンビニなどが歌詞に入っているので情景が思い描きやすく、男性も女性も心に響くものがあります。

とても身近な、自分のことのように思わせてくれる歌詞と曲調が、印象的な作品です。

出典:ponycanyon

想いが詰まった「君だけFOREVER」

2016年10月にリリースされた12枚目シングル「よびすて」のカップリング曲です。

「愛する人には笑顔でいてほしい」

「愛する人を守りたい」

という、相手を想う気持ちがふんだんに散りばめられたこの作品は印象的です。

イントロから切なさを感じさせる名曲で、その歌詞のなかには愛する人への想いがたくさん詰まっています。

その気持ちをギュッと閉じ込めたような歌詞は、切なさのなかにも男性らしさを感じさせ、印象深いです。

まとめ

いかがでしたか。

どこか泣いているように聴こえたり、切なさを押し殺しているように聴こえるため、聴いている人の心を震わせてくれますし、何気ない日常の風景もイメージさせてくれて1曲1曲が自分のことのように感じさせてくれます。

また、曲の中に込められている言葉の数々は、今の気持ちを代弁してくれます。

普段なら何気に聞き流してしまう歌詞も、今なら気持ちにグッとくるものがあるかもしれません。

音楽は時に心を癒し、また背中を後押ししてくれるきっかけになることもありますよ。

「Sexy Zone」は、ジャニーズ事務所の中でも歌唱力の高いグループとして知られています。 そんな彼らの魅力を存分に堪能するなら、や...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »