【限られた日数でのインターネット利用に!】「Wi-Fiレンタル」のメリットとは ~帰省や一時帰国、国内出張、引っ越し時に大活躍~

スポンサーリンク

自宅や外出先などで、Wi-Fiに接続する機会はとても多いですよね。

自宅では、光回線などでWi-Fiを使っていると思いますが、そのWi-Fiをレンタルすることができます。

今回は、Wi-Fiレンタルというサービスをご紹介します。

Wi-Fiレンタルサービスとは

Wi-Fiレンタルとは、モバイルWi-Fiルーターをレンタルするサービスで、一時的にインターネット環境が必要になった場合に、便利に利用できるサービスです。

手元に届いた直後から、簡単な設定をするだけで、すぐにインターネットが利用できる点が魅力です。

モバイルWi-Fiルーターは、スマホと同じくらいのサイズや重さで、ドコモやWiMAXなどの通信事業者のネットワークを利用して、インターネット接続を可能にする携帯型のWi-Fiルーターです。

また、レンタルであればWi-Fiルーターを購入する必要はなく、長期契約の縛りもありません。

例えば、帰省や一時帰国、国内出張、引っ越し時など、限られた日数でインターネット回線が必要な場合の利用に最適です。

【例1】一時帰国する時にWi-Fiをレンタル

しばらく海外に渡航していた方は、日本に一時帰国するときに、Wi-Fiレンタルを使用している事も多いです。

長らく海外留学している方の場合、日本の帰国先にWi-Fi環境が無い事も珍しくありません。実家などにWi-Fi環境があれば良いですが、実際にはそれがない家庭も多いのです。

それでは、スマホやタブレットでWi-Fiに接続できないでしょう。

そうかと言って、自宅に新規で回線を開通させるのも、とても大変です。

上述の光回線にしても、実家で工事を行う必要があります。

工事があるなら、数ヶ月ほど待たされてしまいます。

ところが、Wi-Fiレンタルというサービスであれば、数ヶ月も待たされる事はまずありません。

そのサービスは、借りたその日の内にWi-Fiを利用できるからです。

ですから、海外留学していた方の場合、帰国日にレンタルしている事も多いです。

帰国した日から使う事ができますので、とても便利です。

【例2】新たな回線が開通するまでレンタル

また、新しい回線が開通するまで、とりあえずWi-Fiをレンタルする利用もあります。

例えば、3月5日に光回線の申し込みをしました。

しかし、光回線を開通させる為には、自宅での工事が必要なので、4月20日にならないと開通しない事が分かりました。

しかも、3月末になると一旦は回線が無くなってしまい、自宅でネット接続できない状態になるとします。

その場合、4月1日から4月20日ぐらいまではネット接続できなくなってしまうのです。

それでは不自由してしまうでしょう。

その時に、Wi-Fiレンタルというサービスを活用する方法もあるのです。

光回線が開通する4月20日までは、とりあえずWi-Fiをレンタルするという利用法です。

レンタルする方が格安な事も

実は、Wi-Fiをレンタルする方が安く済むケースがあります。

よく料金を比較してみると、キャリア会社を通じてWi-Fiの契約をするよりは、格安になる事も多いのです。

例えば、キャリア会社の場合は、Wi-Fiの月額は1,500円であるとします。

ところが、Wi-Fiレンタルは業者によっては、かなり安い価格でサービスを提供している事があるのです。

現に、あるレンタル会社の場合は、1日につき20円台でWi-Fiをレンタルできます。

という事は、たとえ30日レンタルし続けたとしても、1,000円にも満たないのです。

比較的安全に接続できる

また、Wi-Fiレンタルには、セキュリティに関するメリットもあるのです。

そもそも都心エリアでは、実は公衆Wi-Fiという手段もあります。

都心にある商業施設では、無料で公衆Wi-Fiに接続できるケースも少なくありません。

ところが、公衆Wi-Fiは、必ずしも安全であるとは限らないのです。

色々な方がWi-Fiに接続している都合上、セキュリティ性が少々微妙な事もあります。

それに対して、Wi-Fiレンタルの場合は、たいてい安全なセキュリティシステムを採用しているのです。

というのも、Wi-Fiレンタルの場合は、1人だけが回線を独占する事になります。

公衆Wi-Fiのように、不特定多数の人物が接続する訳ではありませんから、安全度が高いのです。

まとめ

いかがでしたか。

このように、Wi-Fiレンタルには、実に色々なメリットがあります。

特に、通信料金が気になっている方には、Wi-Fiレンタルはおすすめです。

よく確認してみると、かなり格安なレンタルサービスもありますので、前向きに検討してみると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »