中古パソコンを選ぶ際に知っておきたいこと ~失敗しない中古pcの正しい選び方~

スポンサーリンク

新しくパソコンを買う場合、新品を購入するのが一般的だと言えますが、中古品も一定の人気があります。

ただし、中古品と言うと、欠陥や寿命が短いといったリスクがあることをイメージする人も多いでしょうし、実際にそうした商品も少なくありません。

しかし、ちゃんとした選び方をすれば、しっかりと使える商品も多いですし、何より中古パソコンは、新品と比べると圧倒的に価格が安いというメリットがあります。

ですので、予算が厳しい場合などは、新品だけでなく中古パソコンも選択肢として考えておくと、選択の幅を広げることができます。

欠陥がないかどうかのチェック

中古パソコンを選ぶ際に、まずやっておきたいのは、欠陥がないかどうかを調べるということです。

例えば、ノートパソコンには、バッテリーが付いていますが、中古の場合はバッテリーの保証がないため、ほとんど使えないものが付いてくるケースも少なくありません。

自宅などで電源コードに繋いで使うだけなら問題ないのですが、持ち運びをすることを目的としている場合であれば、バッテリーがちゃんと機能するかどうかのチェックが、必要になるでしょう。

バッテリーのチェックを行う方法としては、実店舗で購入する場合であれば、店員に許可を取った上で電源コードを抜き、すぐにバッテリー切れの状態になるかどうかを調べるという方法があります。

他にも、電源コードなどの必要付属品が揃っているかや、汚れや傷の程度、そして保証がどれぐらいあるのか、といったことをチェックしておきましょう。

特に汚れや傷に関しては、ディスプレイに大きな傷が入っていると、使うときに気なってしまうこともあるため、注意しておいたほうがよいでしょう。

また、ネット通販で購入する場合は、直接チェックすることが出来ないため、「A・B・C」といった状態のランクを参考にして選びます。

しかし、ランクだけでは分からないこともあるため、気になることがある場合は、通販サイトのお問合せフォームなどで質問を行い、納得した上で購入するようにしましょう。

実店舗とネット通販のそれぞれのメリット

次に、お店選びに関しては、中古パソコンの購入先は実店舗とネット通販の主に2つがあり、それぞれにメリットがあります。

まず、実店舗のメリットは、何と言っても、実際に自分の目で商品を確認できることであり、失敗が少ないということです。

それに、分からないことがあれば、その場で店員に質問することができるため、安心感があると言えるでしょう。

一方のネット通販のメリットは、実店舗よりも1~2割程度安く購入できるということです。

実店舗を持っていないネット通販の場合は、店舗の維持費や人件費などを軽減できるため、実店舗よりも価格を安くすることが出来ます。

それに、ネット通販の場合は、実店舗のように店の広さに制限がないため、商品の品ぞろえが豊富だというメリットもあると言えるでしょう。

パソコンのメーカー選び

さらに、パソコンのメーカーに関しては、信頼のある日本製のものに人気がある、という傾向があると言えます。

しかし、海外製のものは、日本製より安い傾向にあり、基本的にはCPUやOSは同じものが使われているため、特に日本製にこだわらないのであれば、海外製のほうがお得だと言えるでしょう。

また、日本製に関しても、法人向けのもの(企業にリースされた後の中古品)は、同じスペックの個人向けのものより安いため、デザインなどにこだわらないのであれば、こちらも狙い目です。

まとめ

いかがでしたか。

中古パソコンを選ぶ際は、バッテリーや付属品、汚れや傷などのチェックが必要です。

そして、店舗に関しては、実店舗は自分で直接商品を確認でき、ネット通販は価格が安いというメリットがあります。

さらに、パソコンのメーカーに関しては、日本製より海外製のほうが安い傾向にあります。

スポンサーリンク
Translate »