グミレポ!!【2018/05】グミのレビューしてます ~ぷよぷよグミ、きえちゃう君グミ、じゅーしぃーグミ、花畑牧場手造りグミ 生キャラメル味~

スポンサーリンク

コラーゲンが豊富で、食感が楽しいお菓子である「グミ」。

ドイツのハリボー社が、1920年に製造・販売したのが始まりだそうです。

現在では多くのメーカーから、さまざまな種類が販売されていますね。

定番のフルーツ味はもちろんのこと、酸っぱさを強めたものや、歯ごたえ抜群のハード系などなど。

ここでは、実際に買ってみて、食べてみて、個人的な感想としてどうだったかを連載していきたいと思います。

あくまでも、個人的な感想ですので、あしからず。

是非、あなた好みのイチオシグミを見つけてくださいね。

今回は、「ぷよぷよグミ フルーツ&ドリンク味」「きえちゃう君グミ グレープ味」「じゅーしぃーグミ」「花畑牧場 北海道手造りグミ 生キャラメル味」の4つをレビューします。

ぷよぷよグミ フルーツ&ドリンク味 【ライオン菓子】

ライオン菓子からリリースしている、国民的人気パズルゲームの「ぷよぷよ」とコラボしたグミです。

現在まで、何回もリニューアルを繰り返していて、今回取り上げるのは、2017年9月に発売したものになります。

味は6種類あって、マスカット味、りんご味、レモン味、ぶどう味、もも味、ソーダ味です。

バージョンによって、6種類の味は多少変動しているみたいです。

例えば、マスカット味がメロン味になったりとかです。

テイストは、無果汁、果物香料使用のため、果汁感はなく人工的な味わいです。

レモン味は、タブレット菓子のハイレモンみたいな味です。

ソーダ味は、森永製菓のラムネみたな味です。

ぶどう味、マスカット味は、ごくごく普通にある味です。

りんご味は、青りんごの味です。

このグミの売りはテイストではなく、楽しく遊べるところにあります。

グミの形は、ぷよぷよのキャラクターの顔つきで3種類あります。

2種類以上のグミをいっしょに食べると味が変化し、さまざまな味が楽しめる仕組みになっています。

また、ぷよぷよの形をしたグミなので、実際のゲームのように楽しむこともできます。

子どもが、好奇心を持って楽しめるグミになっています。

2つに切ってみましたが、極々スタンダードなグミです。

歯ごたえ、食感もふつうです。

中身を数えてみたら、16個ありました。

もも味・レモン味が4個、ぶどう味・りんご味・マスカット味・ソーダ味が2個でした。

このへんは、かなり変動がありそうです。

パッケージの注意書きに、「混合には十分配慮していますが、自動充填のため全種類が入らない場合もあります」とありました。

全種類が入らない場合もあるかも、だそうです。

今回は、全種類ありました!!

↓↓全種類入っていない方もいるみたいです↓↓

体長は、おおよそ150mmぐらいでしょうか。

小さめで、コロコロしています。

テイストは人工的な味ですが、他のグミではできない楽しみ方もできるグミでした。

きえちゃう君グミ グレープ味 【ライオン菓子】

子ども向けキャンディの金字塔「きえちゃう!!キャンディー」のキャラクターである、きえちゃう君のグミです。

「きえちゃう!!グミ」ではなく、「きえちゃう君グミ」です。

なので、消えません。

あくまでも、きえちゃう君の形をしたぶどうグミです。

ちなみにチャックは、下部にあります。

ちなみに、そもそもの「きえちゃう!!キャンディー」は、1991年に販売開始されたそうで、かれこれ27年近くもの歴史がある偉大なキャンディーです。

なめると、色が消えたり変わったりするのが特徴で、キャンディーの名前の由来は、外側の色がきえちゃうことからきているとのこと。

出典:モラタメ

きえちゃう君などの詳細情報は、「きえちゃう!!ワールド」にテンコ盛りですので、よかったらどうぞ!!

ライオン菓子は、現実逃避できそうなワールドを作るのが好きみたいです。

ナタデココぐみでも同じような「ナタデワールド」を展開しています。

コラーゲンが豊富で、食感が楽しいお菓子である「グミ」。 ドイツのハリボー社が、1920年に製造・販売したのが始まりだそうです。 ...

ちなみに「げんき3兄弟」は、トム・サム・ボブという名前で、マスカット君のいとこみたいです。。。

「マスカット君」は、スポーツも勉強もできる文武両道みたいです。

出典:ライオン菓子

グミの形は、きえちゃう君を忠実に再現しています。

平べったいです。

テイストは、普通のぶどう味のグミで、無果汁でなく、グレープ濃縮果汁も入っているみたいで、果汁感は多少なりともあります。

2つに切ってみましたが、形がきえちゃう君なだけで、他はスタンダードなグミです。

歯ごたえ、食感もふつうです。

ひとつ特徴的なのは、歯やさしいといわれるサンフェノンを5mg配合しているところですかね。

このサンフェノンの影響か、甘ったるさが残らず、口の中がスッキリした感じになります。

そもそも、サンフェノンとは何ぞやですが、緑茶から抽出されるポリフェノールの1種で、むし歯原因になるミュータンス菌に対して、強い増殖防止効果をもっているみたいです。

なので、歯にやさしいと。

ちなみに、歯磨き粉で有名なライオンとは、全く関係ないです。

中身を数えてみたら、8個でした。

かなり少なめです。

体長は、おおよそ250mmぐらいでしょうか。

じゅーしぃーグミ 【春日井製菓】

「つぶグミ」でおなじみの春日井製菓が作っている、果汁100%フルーツグミです。

果汁100%と謳っているだけに、果物そのものを堪能しているような自然な甘みで、人工甘味料の独特の甘さはありません。

果汁100%の果汁グミと比較すると、より甘く、比較的もちもちしています。

コラーゲンが豊富で、食感が楽しいお菓子である「グミ」。 ドイツのハリボー社が、1920年に製造・販売したのが始まりだそうです。 ...

一袋に3種類のフルーツ(グレープ、マスカット、ピーチ)が入っているので、飽きませんし、果汁100%なだけに果汁感もたっぷりで、満足度が高いです。

ハートと星のグミが入っていたら、ラッキーだそうです。

はたして、今回の結果はいかに。。。

袋を開けたとたん、3種類のフルーツの自然な香りが広がり、果実感でいっぱいです。

形状、食感ともにシンプルで、昔からあるグミって感じですが、外見からはわからない美味さがあります。

中身を数えてみたら、22個ありました。

内訳は、グレープ味が5個、マスカット味が9個、ピーチ味が8個でした。

このへんは、かなり変動がありそうです。

パッケージの注意書きに、「3種類の混合には注意しておりますが、全種類入らない場合があります」とありました。

全種類が入らない場合もあるかも、だそうです。

今回は、全種類ありました!!

ただ、ラッキーグミは入っていませんでした。

確率は不明です。

体長は、おおよそ150mmぐらいでしょうか。

果汁100%なだけに、味が濃厚でおいしく、個人的に結構好きなグミです。

花畑牧場 北海道手造りグミ 生キャラメル味

ダイソー花畑牧場コラボした「北海道手作りグミ」シリーズの生キャラメル味です。

パッケージの表記を見てみると、花畑牧場の拠点である「北海道河西群中札内村」で製造していることがわかります。

内容量は、35グラムと少なめです。

開封すると、キャラメル独特のまったりした香りが広がります。

ちなみに、チャックありません。

保存料・合成着色料不使用で、ビタミンCが、45mg入っています。

ちなみに、主な果物の100g当りのビタミンC含有量は、いちごが62mg、みかんが35mg、バナナが16mgで、このグミは、みかん以上いちご未満といったところでしょうか。

パウダーなんですが、他の人の投稿を見ると、四辺全てに、まんべんなくパウダーがついているように感じるのですが、自分が購入したものは、1辺だけ凄く付いていて、ほかは殆どついていない感じでした。

二つに切ってみました。

見た目は茶色で濃い色ですが、テイストは薄い感じでした。

そして、若干の酸味を感じます。

キャラメル味ですが、後味がスッキリしています。

中身を数えてみたら、13個でした。

一つひとつの形がかなりいびつで、むしろ個々の個性を感じます。

ここまでいびつだと、商品によって入っている個数が違ってくるのでしょうかね。

食感は、、、表現がしづらいのですが、食べ始めが弾力あるというか固めに感じる食感です。

独特の食感です。

1回で噛み切れないほどの弾力がありますので、生キャラメルのようなやわらかさを想像していたとしたら、ビックリすると思います。

ちなみに、北海道メロン味も同様の弾力・食感です。

コラーゲンが豊富で、食感が楽しいお菓子である「グミ」。 ドイツのハリボー社が、1920年に製造・販売したのが始まりだそうです。 ...

体長は、おおよそ150mmぐらいでしょうか。

個体によって、結構ばらつきがありそうです。

生キャラメルというまろやかな味ですが、食感は気持ち固めなグミでした。

まとめ

いかがでしたか。

今回レビューしたグミで、気になるものがありましたでしょうか。

あくまでも、個人的な感想ですので、ご了承ください。

是非、あなた好みのイチオシグミを見つけてくださいね。

スポンサーリンク
Translate »