グミレポ!!【2018/04】グミのレビューしてます ~カミキング 噛王、ナタデココ ぶどうグミ、ザクロ酢グミ、ポンジュースグミ~

スポンサーリンク

コラーゲンが豊富で、食感が楽しいお菓子である「グミ」。

ドイツのハリボー社が、1920年に製造・販売したのが始まりだそうです。

現在では多くのメーカーから、さまざまな種類が販売されていますね。

定番のフルーツ味はもちろんのこと、酸っぱさを強めたものや、歯ごたえ抜群のハード系などなど。

ここでは、実際に買ってみて、食べてみて、個人的な感想としてどうだったかを連載していきたいと思います。

あくまでも、個人的な感想ですので、あしからず。

是非、あなた好みのイチオシグミを見つけてくださいね。

今回は、「カミキング 噛王」「ナタデココ ぶどうグミ」「ザクロ酢グミ」「ポンジュースグミ」の4つをレビューします。

カミキング 噛王 【カンロ】

カンロの超弾力系グミです。

「噛王」と書いてカミキングと呼びます。

金融アクションの超大作「借王」をシャッキングと呼ぶ感じでしょうか。

超弾力系グミの超大作と呼ぶに相応しい、カミキング。

パッケージも何か「借王」、はたまたスロットの「ミリオンゴッド神々の凱旋」を連想させる神々しさ。

↓↓↓なんか似てません?

ユニバーサル ミリオンゴッドオリジナルサウンドトラック

しかも、三つある味の名称は全てエナジーがつくという、食べればスーパーサイヤ人になれるのではないかと思わせるパッケージになっています。

エナジーってついているだけあって、ガラナエキスを配合しています。

ちなみに、大容量・高価格帯グミとなります。

今回、新たにエナジージンジャーエール味が追加となりました。

それぞれの味は、「エナジーソーダ味」が気が抜けたデカビタ、「エナジージンジャーエール味」が気が抜けたジンジャーエール、「エナジーコーラ味」が、気が抜けたコーラでした。

良くも悪くも、グミならではの味です。

個人的には、エナジージンジャーエール味が一番甘みが強く、好みでした。

形状は、サワーズより平たいです。

そして固さは、サワーズよりはるかに固いです。

さらに弾力が上乗せされて、顎を鍛えられそうなくらいのハードタイプなグミです。

よって、噛みごたえは十分すぎるほどにあります。

コラーゲンが豊富で、食感が楽しいお菓子である「グミ」。 ドイツのハリボー社が、1920年に製造・販売したのが始まりだそうです。 ...

中身を数えてみたら、27個ありました。

内訳は、エナジーソーダ味が12個、エナジージンジャーエール味が7個、エナジーコーラ味が8個でした。このあたりは、ばらつきがありそうです。

体長は、おおよそ200mmぐらいでしょうか。

数個も食べれば、顎が痛くなること必至です。

ナタデココ ぶどうグミ 【ライオン菓子】

ライオン菓子のぶどうグミです。

「びみょーな歯ごたえ」が、売りみたいです。

全体的にゆるーい&びみょー感が漂っています。

ライオン菓子といえば、「ライオネスコーヒーキャンディー」ですね。大好きです。

ちなみに、大手家庭用品メーカーの「ライオン」、寝屋川市ある「ライオン製菓」とは無関係とのこと。

なにげに、このライオンが可愛くて好きです。

ライオン菓子㈱のホームページ。 新商品情報、ライオネスコーヒーキャンディー、きえちゃうキャンディー、ナタデココグミ、CM紹介、プレゼントキャンペーン紹介等。

ちなみに、ナタデランドで遊ぶことで、現実逃避できるかもしれません。

出典:ライオン菓子

ライオン菓子㈱のホームページ。 新商品情報、ライオネスコーヒーキャンディー、きえちゃうキャンディー、ナタデココグミ、CM紹介、プレゼントキャンペーン紹介等。

ちなみに、同社の「きえちゃう君グミ」でも、「きえちゃう!!ワールド」を展開しています。

よかったら、こちらもご堪能ください。

コラーゲンが豊富で、食感が楽しいお菓子である「グミ」。 ドイツのハリボー社が、1920年に製造・販売したのが始まりだそうです。 ...

なにげに、食物繊維が1.4g入っています。

ちなみに、キウイ約1個分の食物繊維は2.5gです。

また、運が良ければ、グミヲさんの顔つきグミが入っているかもです。

開封時の香りは、粉末オブラートとぶどうの香りが混じった感じです。

色合いは薄めのぶどう色ですが、味もかなり薄めです。

ぶどうの香りはするものの、香りのわりに味は薄いです。

甘くもなく酸っぱくもなく、粉末オブラートの存在を強く感じました。

そして少し粉っぽい。

ぶどうの果汁を感じるほどでもなく、ジューシーさもなく、ナタデココ風の食感がすべてのグミだと思います。

半分にしてみると、真ん中あたりの色が濃くなっていますが、ジュレではないです。食べてみても違いがわかりませんでした。

ナタデココ風の食感とのことですが、ナタデココよりちょっと弱かったです。

「コリコリ」ではなくて「グニュグニュ」でした。ちょっと柔らかめのグミです。

ナタデココと言われれば、そうかも的な。

パッケージ通り、「びみょ〜な はごたえ」です。

中身を数えてみたら、11個ありました。

ちなみに、右上の色が濃いのは、グミヲさんです。

わかりづらいですが、下の画像のように、微笑んだ顔が描かれています。。。

運が良かったみたいです。

ナタデココキャラ“グミヲ”さんの顔つきグミが、数袋に1粒入っているそうです。

体長は、おおよそ150mmぐらいでしょうか。

全てにおいて、びみょーなグミでした。(ライオンの狙い通りか?)

ザクロ酢グミ 【クリート】

ザクロ、酢、コラーゲン、食物繊維と、体に良さそうなキーワードが並ぶ、明らかに女性をターゲットにしているグミです。

ザクロ+酢って、一体どんな強烈なグミなんでしょうか。

パッケージも、淡い赤を基調として、ハート&キラキラ感が漂う、美容系サプリを連想させます。

このパッケージから、強烈なグミは想像できません。

ちなみにクリートでは、DHCとのタイアップで、美容・健康を強くアピールした「DHC おなか満足グミ」も販売しています。

コラーゲンが豊富で、食感が楽しいお菓子である「グミ」。 ドイツのハリボー社が、1920年に製造・販売したのが始まりだそうです。 ...

食物繊維が2.5g入っています。

これはちょうど、キウイ約1個分の食物繊維(2.5g)と同等の値です。

コラーゲン2000mgは、果汁グミやピュレグミよりは少ないです。

果汁グミぶどう味:2700mg

ピュレグミぶどう味:2194mg

見た目からして、女子力が詰まった感じの上品さです。

パッケージのイメージを裏切らないデザイン・色合いで、見た目は満点かと。

食べてみると、強烈な味わいではなく、クセのないさっぱりとした甘みと酸味で、ザクロ酢の『酢』の部分よりも、果実の味わいを表面に出した仕上がりになっています。

ザクロというより、アセロラを連想させる味でした。

ざくろ果汁、ぶどう果汁を使用していることもあり、果汁感はあります。

食べ始めは、粉末オブラートの粉っぽさを感じます。

半分にしてみると、上部の淡い桃色の部分に柔らか食感のザクロゼリーがあり、二層構造となっていて、ジューシーさを引き立たせています。

グミとゼリーの色の違いが、また上品さを演出しています。

中身を数えてみたら、10個でした。

少な目です。

体長は、おおよそ250mmぐらいでしょうか。

特筆すべきところはないですが、果汁感、ジューシーさもあり、普通に美味しいグミです。

ポンジュースグミ 【サクマ製菓】

サクマ製菓のみかんグミです。

ポンジュースで有名なえひめ飲料との提携商品とのことです。

パッケージも、まんまポンジュースです。忠実に再現しています。

開封すると、粉末オブラートとみかんが混じった香りがします。

粉末オブラートの香りはしますが、果実感はそれなりに感じます。

裏面の左上に、幸せクローバーが入っているかものメッセージが。

1/45の確率で、クローバー型のグミが入っているそうです。

ビタミンCが、16mg入っています。

ちなみに、主な果物の100g当りのビタミンC含有量は、いちごが62mg、みかんが35mg、バナナが16mgで、ポングミは丁度、バナナ一本分といったところでしょうか。

えひめ飲料の果汁100%のジュース「ポンジュース」を使っているというこのグミは、甘酸っぱいみかん味です。

ただ、ポンジュースそのものよりは、やや酸味は弱くて甘さのほうが強めです。

半分にしてみると、上部の淡いみかん色の部分に柔らか食感のゼリーがあり、二層構造となっています。

中身を数えてみたら、9個でした。

少ないです。

少ない中に、幸せクローバーが入っていました!!

体長は、おおよそ200mmぐらいでしょうか。

特筆すべきところはないが、普通に美味しいグミでした。

9個しかはいっていないので、コスパは低めですかね。

まとめ

いかがでしたか。

今回レビューしたグミで、気になるものがありましたでしょうか。

あくまでも、個人的な感想ですので、ご了承ください。

是非、あなた好みのイチオシグミを見つけてくださいね。

スポンサーリンク
Translate »