【世界遺産登録】「国立西洋美術館」のご紹介 ~西洋美術を専門とする国内唯一の国立美術館~

スポンサーリンク

ざったりーの
今回は建築好きの友人「taishi」が、国立西洋美術館を紹介するよ!

taishi
それでは紹介しますね!

私は、建築が好きな学生です。

先日、東京に存在する建築物の中で、最も権威のある「国立西洋美術館」を訪れました。

今回は、その「国立西洋美術館」を訪れた感想と、その詳細を書いていきます。

「国立西洋美術館」の外観

上野駅を降りたところ、すぐ目の前に広がる上野公園。

その敷地内に、この国立西洋美術館は建っています。

上野公園は、東京文化会館、東京国立博物館、東京都美術館、また東京芸術大学などの、日本の学術の本体ともいえるような施設が、ひしめいている場所です。

普段、私たちが眼にし、空想する「大都市・東京」のステレオタイプなイメージとは一味違った、荘厳で静粛なアカデミックな空間が広がっており、独特な空気感が漂っています。

その中でも、とりわけ駅に近い「国立西洋美術館」は、一見背丈が低く、新しい現代的建築物のような印象を与えてくれます。

しかしながら、近づいてみてみると、年季の入ったレンガ模様の外壁と、近年では見られないような個性的なフォルムに、目を奪われてしまうでしょう。

それはまるで、駅という“日常生活”から飛び出した私たちを、“学識の園”たるこの公園へ誘う「招き人」であるかのようです。

四角く鉄筋コンクリートチックな見た目と、そのたたずまいからにじみ出るモダンの風情。

そして、入口広場に置かれたロダンの著名な彫刻作品「地獄の門」の不可思議さ。

たくさんの要素が相まって、まるで、近代と現代の時間の境目にそびえ立つかのようなこの美術館は、どこか非現実的な空気を纏っています。

View this post on Instagram

Takeruさん(@kore.chan9)がシェアした投稿

「国立西洋美術館」の歴史

国立西洋美術館の歴史は、約半世紀にさかのぼります。

1959年、当時を代表する大資産家・松方幸次郎の手によって収集された美術コレクションを基にして、国立西洋美術館は造られました。

本美術館の設立理由は、少々複雑です。

松方氏は20世紀初め、フランスで美術品を収集し、コレクションとしていました。

しかしながら、第二次世界大戦の敗戦の際に、そのほとんどをフランスを差し押さえられてしまい、松方氏のコレクションはフランスに取り残されました。

View this post on Instagram

Masaさん(@imasa15)がシェアした投稿

その後、彼の「松方コレクション」は、日本に返還される目途が立ちます。

ただし、その際の条件として、当コレクションを保存・展示するための美術館の建造をフランスは要請しました。

その結果として、この美術館が建てられたのです。

日本国内にあるはずなのに「“西洋”美術館」という不思議な名前になっているのも、この由来を考えれば当然のことだと合点がいきます。

「国立西洋美術館」を建てた人

「国立西洋美術館」は、「本館」と「新館」に分かれていて、その2つは設計師も違えば、建てられた時期も違います。

駅から最も近くにある「本館」を設計したのは、近代建築の三大巨匠の一人、ル・コルビュジエです。

彼はスイス生まれで、フランスで活躍した建築家です。

出典:国立西洋美術館

なぜ、そんな人物が日本の美術館を設計したのか。それは彼の弟子が日本人だったからです。

最終的な実施設計・監理には、彼の日本人弟子である前川國男・坂倉準三・吉阪隆正が担当しました。

なお、前川國男は、「新館」の設計の担当者でもあります。

つまり、コルビュジエ本人が、すべてを手掛けているわけではないのですが、日本という極東の地において、西欧の大建築家の精神を目の当たりにすることが出来る、貴重な建築物です。

まとめ

いかがでしたか。

2016年に、フランス政府が日本を含む7か国と共同で推薦していた「ル・コルビュジエの建築作品(7か国17作品)」の1作品として、世界文化遺産に登録された国立西洋美術館。

都内の中心に在り、かつ手軽に訪れることのできる近現代の重要文化財として、一見以上の価値はあると思います。

国立西洋美術館の公式サイト。展覧会・イベント情報、所蔵作品紹介、ショップ・レストランご利用案内など。

スポンサーリンク
Translate »