もしも時に助けてくれる!近所の人との付き合い方とは?

スポンサーリンク

震災など、災害はいつやってくるか、わかりません。

そんな時一人では、どうしたらいいのか、パニックになってしまうこともあります。

その時、頼りになるのは、やっぱり近所の助け合いなのです。

今回は、その大切な近所の人たちとの付き合いについて、ご紹介したいと思います。

いつ何があるのかわからないので、参考にしてみてくださいね。

挨拶は欠かせない

やっぱり、一番良い付き合いと言えるのは、なんと言っても挨拶をすることではないでしょうか。

隣にどんな人が住んでいるのか知らないということもあるようですが、最低限のことは知っておきたいですね。

その時、挨拶をしておくと、いろいろな時にさっぱりと話をすることができます。

遠くに親戚がいるので、ご近所さんは関係なしと思うこともあるでしょう。

ところが、やっぱり一番頼りになるのは、ご近所ということを知っておきましょう。

もしもの時に駆けつけてくれるのは、近所の人なのです。

そのことを知って、挨拶は欠かさず行うことが大切です。

そしてそれは、感じの良い挨拶がいいですね。

感じが悪い笑顔のない挨拶の場合は、良い印象を与えることができないからです。

良い関係作りは、良い挨拶からです。

そのため、どんな人にも挨拶をするという、そんな心構えで居るといいですね。

地域の集まりには参加をする

地域でいろいろな集まりがあることがありませんか?

花火大会をすることもあるし、お祭りをすることもあります。

そんな時に、時間があるようなら積極的に参加をすることをおすすめします。

近所と言っても、普段の生活の中で、なかなか会わないことも多いです。

特に仕事をしている場合は、近所の人のことを知らないということもあります。

もしも、集まりがある場合は、そこで顔を知ってもらうことができますね。

チリ出しなどはきちんと守る

その地域の決まりなど、それはとても大切な事です。

最低限の決まりとして、守ることが重要です。

しかし、チリ出しなどを夜中に行ったり、時間を守らないなどがありませんか?

誰も見ていないので大丈夫、と思うこともあるでしょう。

しかし、そんなことをしていると、いつかはバレてしまいます。

一度、ルールを守らない人と思われてしまうと、近所付き合いが辛くなります。

そのため、地域の決まりやご近所のルールについては、きちんと守るようにしましょう。

回覧板は早めに回す

近所付き合いのひとつに、回覧板を回すことががありますね。

その時、仕事をしている場合は、遅くなることもあります。

見ること自体が遅くなるので、その結果、次の人に回すことが遅れてしまうのです。

しかし、そのことも、やっぱりできるだけ早めに回したいですね。

緊急での連絡事項などの時もあるので、さっと見て、さっと次の方に回すようにしましょう。

噂話はしない

近所の人達と集まると、ついご近所の人のことについて話すこともあります。

しかし、そのことはタブーです。

それは、個人の情報があるので、そのことについて漏らすことは禁止なのです。

もしも聞かれたとしても、知らないことにしたほうがいいですね。

噂話をしないことが、一番のご近所付き合いとして大切な事です。

まとめ

いかがでしたか?

ご近所とは、いろいろなことで、助けてもらったり助けたりすることがあります。

もしも時に、直ぐに良い関係性でいることができるように、人間関係をつくっておきましょう。

深く関わることについては必要ないので、あっさりと浅く付き合うようにしたいですね。

スポンサーリンク
Translate »