その食べ方は人に嫌われる! 人が嫌がる食事のとり方とは!?

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、欠かすことができないのは食事です。

毎日のことなので、とても大変と思うこともあるでしょう。

その反対に、食事をすることをとても楽しみと思っている人も多いです。

ところが、ひとりで食べている場合は、自分の食べ方について、なんとも思わずに食べることがありますが、人と一緒の時に「それはおかしい」と言われたことがありませんか?

そのように言われた時には、直ぐに直した方がいいです。

食事の食べ方により、品格が出ると言われることもあります。

どんなに素敵な人でも、食事を食べている姿をみて、がっくりしたと言うこともあるのです。

ここでは、そんな食べ方は嫌われるという内容についてご紹介します。

自分がそのように食べているかもと思ったら、直ぐに直すようにしましょう。

はしの持ち方がおかしい

一番注意をしたいのは、なんといっても、はしの持ち方がおかしいということです。

フォークやナイフは簡単に持つことができますが、お箸は、ちょっとむつかしいと思うことがありますね。

外国人の人たちなら、お箸も、持ち方が間違っていても気になりません。

それは、外国人だからです。

日本の文化として、お箸の持ち方を習ってきていないからです。

しかし、日本人としては、そこはやっぱりきちんと持ちたいですね。

小さい時からの癖なので、持ちかえることは難しいと思うこともあるでしょう。

しかし、多くの人は、その間違いを修正しています。

それは、やっぱり社会人として見られている、ということがあるからです。

仕事関係で、取引先の人と食事をすることもあります。

その時、食事をする時に一番みられているのは、お箸の持ち方なのです。

自分はいいと思っても、ほかの人が見ていると、気になって食事をすることができないと思うこともあります。

それだけ、相手の人に不快な思いをさせてしまうということです。

できるだけ直すようにしましょう。

魚の食べ方が汚い

魚を食べる時も、汚いと、がっかりすることがありませんか?

それは、食べ慣れていないと言うこともあるでしょう。

骨の有る魚の場合は、その骨の隙間の身を取ることになり、それはとても大変です。

しかし、その魚も、魚好きの人からすると、とんでもない食べ方をしていると、思われてしまいます。

特に、お年寄りは、魚の食べ方が上手なので、その点について気になることが多いです。

骨付きの魚について、食べる機会がないという人は、食べることを想像して、自分で買ってきて食べる練習をするようにしましょう。

インターネット等で、キレイに食べる方法について記載されているので、それらを参考にしてもいいですね。

料理を残す

料理を残すと言うことも、一緒にいる人はあまりいい感じがしません。

「まずかったのだろうか」とか、

「一緒にいることで食べることができなかったのだろうか」

と心配をさせることになります。

どのような事でも、良い印象を与えることができないのです。

自分が苦手と思う食品がはっている場合などを吟味して、それらが含まれていないものを注文するようにしましょう。

もしも、入っていたら、目立たないように横に置くようにします。

大量に残すのは、マナー違反です。

食事をする前に、いろいろなモノを食べてお腹がいっぱい、ということがないようにしたいですね。

まとめ

いかかでしたか?

食事というのは、人と一緒にする場合は、コミュニケーションの場所として、とても有効となります。

そのため、食事をする時に、相手の人に不快な思いをさせないように気をつけたいですね。

その時間を大切にしたいと思ったとき、話術と共に磨くことが大切なのは食事です。

有効な時間とすることができるように、自分を磨くためにも気をつけるようにしましょう。

そして、楽しい食事タイムを満喫しましょう。

スポンサーリンク
Translate »