一人暮らしで自炊をしている人におすすめの野菜3選 ~もやし、プチトマト、ベビーリーフ~

スポンサーリンク

一人暮らしをしていてかつ毎日自炊をしている人は、食生活に野菜を上手く取り入れたいと常々思っているのではないでしょうか?

野菜は食感を楽しめるだけでなく、ドレッシングやマヨネーズと上手く組み合わせることによって味がとても美味しくなります。

そこで、それほど手間をかけなくても美味しくなり、なおかつ比較的安価で買える野菜をいくつか取り上げていきます。

安くて美味しい野菜の定番といえばモヤシ

スーパーでかなり安く売られている定番の野菜といえば、モヤシが第一に挙げられます。

スーパーによっては、50円以下でモヤシを売っていることも多く、食費を節約したい人にとって非常にありがたい野菜です。

また、モヤシの魅力は価格が安いことだけにとどまりません。加熱調理をすることにより、いろいろな料理に簡単に使うことができます。

たとえば、野菜炒めがモヤシの代表的な調理例として挙げられます。野菜炒めにシャキシャキとした食感を加えるなら、モヤシを入れるのが一番です。モヤシにしっかりと火を通しつつもシャキシャキとした食感を残すようにすれば、それだけで歯応えがある野菜炒めを完成させることができます。

また、そこまでしなくても、単に茹でてマヨネーズやドレッシングをかけるだけでも、十分美味しくなります。和風テイストにしたいなら、かつお節としょうゆ、あるいはポン酢で食べるのもサラダとして十分です。

ですので、もしも徹底して価格の安い野菜を使いたいというなら、モヤシを使った料理を検討してみてはどうでしょうか?

モヤシを使った料理がいくつもできるようになれば、それだけで料理のレパートリーは一気に増えます。

一人暮らしをしているなら、積極的に使っていきたい野菜です。

フレッシュなみずみずしさをいつでも味わえるプチトマト

普通のトマトも調理するのは決して難しくはありませんが、さらに簡単に食べられるのがプチトマトです。

プチトマトは、ヘタさえ取ってしまえば水で洗ってそのまま食べることができます。食べられるまでの工程が非常に短くて済むので、忙しい時はぜひとも重宝したい野菜の1つです。

また、夏にたくさん出回るので、夏のイメージが強いプチトマトですが、1年を通して売られているのも特徴的です。

夏に比べるとそれ以外の季節では、価格がやや高くなってしまいがちですが、それでもタイミングさえ気をつけていれば、良心的な価格でプチトマトを買うことは、決して難しくありません。

ですので、あまり季節を問うことなく買えるのは嬉しい点です。そして、プチトマトの魅力としてもう1つ付け加えたいのは、色鮮やかな赤色をしているという点です。

サラダを作るとき、緑ばかりだとどうしても華々しさに欠けます。緑の野菜ばかりが中心だと、色合いに乏しくなってしまいます。

しかし、そこにプチトマトを加えれば、色鮮やかな赤色がサラダ全体を華やかにしてくれます。プチトマトがあるのとないのとで、サラダの見た目が全然違ってきます。

ですから、サラダの見た目を華やかにしたい女性には、特に注目してもらいたい野菜です。

使いやすい野菜として注目したいのがベビーリーフ

ベビーリーフを使ったサラダと聞いたら、オシャレな感じがして調理するのが難しいのではないかと、勝手にイメージしてしまいがちではないでしょうか?

そんなイメージから、まさに食わず嫌いをしている人は多いのかもしれません。

しかし、ベビーリーフは、基本的に水洗いさえすればそのまま何もしなくても食べられる非常に便利な野菜です。

ベビーリーフはよく袋詰めされて売られていますが、それを丸々1食分として出せば、それだけでサラダとして十分成立します。

また、ベビーリーフだけでは、さすがに味気なくなってしまいますが、マヨネーズもしくはドレッシングを加えることにより、とても美味しく食べることができます。ベビーリーフはそれほどクセの強い味をしているわけではありませんので、ドレッシングとの相性が重要になってきます。

王道なのは、イタリアンドレッシング、ごまドレッシングで、これらのドレッシングをかけて食べればしっかり美味しくなります。

ですので、もしもベビーリーフばかり続けて飽きてきたら、ドレッシングを変えることで違う味を楽しむことができます。

ベビーリーフは、一番小さいサイズなら価格が大して高くありませんし、サラダに困ったときはベビーリーフを上手に活用していくのがおすすめです。

まとめ

食卓に野菜を並べることで、見た目がとても良くなります。

今回取り上げたモヤシ、プチトマト、ベビーリーフは、調理するのが全然難しくありません。

それだけに、一人暮らしをしていて、料理をするのに時間をそれほどかけたくない、手間もかけたくない人には、ぜひとも覚えておいて欲しいおすすめの野菜です。

脂っこい料理ばかりを食べていると、野菜のみずみずしさが恋しくなってきますし、野菜は絶えず食卓に並べたほうが食事を楽しめます。

また、今回取り上げた野菜は価格がどれも手頃ですし、気軽に買ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
Translate »