【YouTuber宮迫博之はやっぱりテレビに未練?】ヒカルと多数のコラボをするなどYouTubeを拠点に活動を行っている「宮迫博之」がYouTuberとして成功するまで

スポンサーリンク

今現在、YouTuberとなりチャンネル登録者数も130万人を超える形で、順調に見える宮迫さん。

同じく、吉本を同じ時期に退社したオリエンタルラジオのあっちゃんと、YouTubeのテレビのような企画で番組を作っていることも、反響を呼んでいます。

宮迫さんがテレビに出れなくなり、その代わりとして目をつけた媒体がYouTubeでしたが、どうやって宮迫さんが成功したのかを追って行きたいと思います。

YouTuber「宮迫」の誕生

宮迫さんはテレビ出演出来なくなり、YouTuberとして活路を見出します。

最初、YouTuberとして伸び悩んだ原因は、企画力が足りないことでした。

体当たりで体にあるプリンを食べたり、奥さんとのコントを発表する等、様々な体当たりチャレンジ系の動画を配信してましたが、伸び悩んだ原因は「誰でもできることをしている」ことでした。

ユーチューブのチャンレンジ系の動画では、やはり、大御所にドッキリとか誰もがやりたくないと思っていることをするのが定番ですが、そのような調整力や人脈もないので宮迫さん自身が苦しむ形となりました。

最初、YouTubeにデビューした頃は、チャンネル登録者数も少なく視聴回数もないという状況でした。

大御所YouTuber「ヒカル」との出会い

その後、宮迫さんがYouTubeで世間に知れ渡るキッカケとなったのは、大御所YouTuber「ヒカル」さんとのカラミでした。

ヒカルさんが自分自身の動画に宮迫さんを呼び、「あの大御所に飯を奢ってやった!」みたいなタイトルで、宮迫さんを庶民が気軽に利用するサイゼリヤ等に呼びまして、意気消沈している宮迫さんを励まし、元大御所を飼いならしているような感じで、動画配信したことでした。

「ヒカルすげー!」となりましたし、また、宮迫さんの知名度も飛躍的に上がる形となりました。

このヒカルさんとのコラボ動画で、一気に宮迫さんの人気が上昇。

ここから飛躍的にYouTubeでの知名度が高まることとなります。

今後の動向

つい最近、宮迫さんが、島田紳助さんへ電話出演依頼をしたことで、吉本の大御所芸人側からは批判が出ています。

島田さんからは、

「でも吉本戻った方がええよ。戻ってから辞めんのやったら辞めたらええねん。なんか変な感じで辞めてるからよくないわ」

とアドバイスされたそう。

「芸人だったら考えられないこと」

「本当に吉本に戻りたいんだったら、誠心誠意謝罪して、会社に言えば良いのに、それをしない」

ですとか、

「電話した後に、動画に声だけ取らせてもらってよろしいでしょうか?と言うのはちょっと筋違い」

など、芸能界に波紋を呼んでいます。

宮迫さん本人は、

「島田紳助さんが快諾してくれてOK!」

「楽しく話しできたし視聴数も稼げて神回!!」

などと思っているかもしれませんが、芸人からすれば、あり得ない禁じ手みたいなことはYouTubeでは許されるけどテレビでは許されないなど反発は強く、まさに板挟みのような状態に。

おまけに吉本の大御所社長も

「もうあいつはええ!」

と、さじを投げられているとのことで、今後、芸能界に本当に帰ることができるのかが焦点となっています。

まとめ

いかがでしたか。

YouTuber「宮迫」として当初の立ち上げた経緯からお話しました。

現在、YouTuberとしては成功していますが、今後、本当に芸能界に帰れるのか?芸能界に帰りたいという本気度が見えないという意見もあり、このままYouTuberとして残るのかいなかが注目されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »