100年続く「華麗なる宝塚の世界」の魅力とは ~宝塚歌劇団、宝塚音楽学校、清く正しく誇り高く Takarazuka Revue~

スポンサーリンク

これまで、大地真央、黒木瞳、天海祐希ら、数々のトップ女優を世に輩出してきた宝塚歌劇団。

その宝塚歌劇団といえば、「派手なメイク」、「ベルサイユのばら」、「女性が男も女も演じて歌って踊る」などが思い浮かびますが、実は知っているようで知らない特徴があるようです。

今回は、そんな長い歴史を誇る宝塚歌劇団の真実に迫ります。

未婚女性だけのエンターティナー集団

日本には、1000団体以上の劇団があり、プロ、素人、学生が演じています。小さい劇団は、10人に満たないですが、大きな劇団は数百人います。

そんな劇団でも、日本で知名度、人気がトップクラスに位置するのが宝塚歌劇団です。

兵庫県宝塚市に大劇場、東京に劇場があり、劇団員は寮、実家、一人暮らしをしながら公演をしています。

現在は、所属している劇団員の人数は約400人になり、大規模な団体です。宝塚歌劇団の年間に行う公演は多く、年間に見に来るお客は250万人前後になります。

魅力はやはり、女性だけが舞台を飾り、男役と娘役に分かれて演じることでしょうか。

歌劇団に属する事ができるのは、未婚の女性だけです。

世界中を見ても、男性がいない劇団はほとんどなく、貴重さが注目を浴びる要因になります。

日本だけでなく世界でも公演を定期的に行い、世界中で認められつつある特別な劇団です。

また、公演を多くする中、ファンを飽きさせないような演目が面白いと言えます。海外ミュージカル、漫画、ファンタジー、日本物など、多彩な作品は男性も気になるようです。

中でも、漫画作品は宝塚歌劇団にとって、ファンを惹きつける演目の一つです。

『ベルサイユのばら-オスカル編-』 [DVD]

代表する作品として、昭和49年に初公演された「ベルサイユのばら」は、一気に宝塚の名を全国区にしました。現在も、過去の漫画作品を公演するなど、ファンのみならず興味がもてるはずです。

宝塚歌劇団に入るには、音楽学校に入らないといけない

華やかな舞台を魅せる宝塚歌劇団は、オーディションを受けて入れる訳ではありません。

まず、1年に1回受験を実施している、宝塚音楽学校に入る事が必要です。

出典:宝塚音楽学校

しかし、音楽学校は受験する人が多く、毎年1000人前後がチャレンジします。そして、受かるのはたった40人という狭き門になり大変です。

倍率で言うと25倍前後になり、過去には1800人が受けて、48倍という年もありました。

そして、音楽学校に入ると歌劇に必要な学びをしていきますが、別にある厳しさも大変になります。

出典:宝塚音楽学校

1年生と2年生がいますが、2年生が1年生を指導するのが基本で、1年間は笑顔は見せられません。

また、名物と言われる掃除は1年間同じ場所を行い、朝が早いため眠気との戦いになります。そして、1時間ほどかけて磨き上げる場所は、ホコリ一つあると上級生から怒られます。

学校内は常に整列して歩くなど、1年間は厳しい世界です。

出典:宝塚音楽学校

しかし、宝塚音楽学校は学校だけ厳しいだけではなく、寮も厳しい場所になります。風呂は1年生が先に入り、2年生が後に風呂に入るのが規則です。

そして、1年生の最後は、2年生が入る前に風呂場のタイルや壁をキレイに拭く事が、決まりになります。タイルに水が落ちていたり髪の毛1本落ちていると、2年生から怒られるようです。

だから、音楽学校の1年生は、とにかくしんどく大変なので覚悟が必要です。

舞台は、本格的なセットと衣装が醍醐味

そんな宝塚歌劇団は、女性だけの劇団以外に、舞台上のセットなども魅力になります。

大階段は迫力があり、電飾が動くととても美しいです。

また、作品に合わせたセットも本格的で、工夫が凝らされています。

ヨーロッパ調なデザイン、建物をイメージしたセットは、見る人を引きこみます。装置なども、上下に動く以外にファンが驚く仕掛けも登場したりします。使用する小道具も実際に使われているほど精密で、製作のレベル高さが分かります。

さらに、宝塚歌劇と言えば、華やかで豪華な衣装が有名です。

出典:宝塚歌劇団

衣装デザイナーは、毎回作品に合わせた衣装を考えて感動を与えてくれます。派手な洋服は、劇団員にも好評で、キラキラ感が良いそうです。

そして、衣装と言えば、トップスターが背負う大きな羽根に目を奪われます。トップスターと呼ばれるのは、5組ある中で1人ずつしか存在しません。

このトップスターは、公演の最後に大階段から降りてきて、大きな羽根を背負っています。羽根は重く、女性からすると大変でトップの重みと言われているようです。

羽根に使われているのは、ダチョウの羽根らしく種類も複数あります。

現在、羽根を背負えるのは、トップスターと娘役トップと2番手ぐらいです。劇団員は、この羽根を背負う事を目標に頑張るようになります。

まとめ

宝塚歌劇団は、創立100年を超えて新たなスタートをしています。

近年、観客数が減少して危機的な年もありましたが、復活して安定した人気に戻っています。

全国的に有名であり、女性の憧れと言われる宝塚歌劇団は、本当に国の宝です。

女性ファンが圧倒的に多い中、男性ファンも興味を持つなど新たな顧客ファンも増えています。

一度、劇場へ足を運んで鑑賞すると、「面白いな」とハマる人もいます。

いろんな魅力が詰まった劇団なので、国技として永遠に続くことを願います。

映画やアニメ、演劇はマニアックな人たちが勝手に楽しんでいるものと思っていませんか? 最近は、オタクと言えど、必ずしも付き合いにくい人た...

スポンサーリンク
Translate »