宝塚歌劇団って何が面白いの?~Takarazuka Revue 初心者大歓迎!楽しみかた教えます!~

スポンサーリンク

映画やアニメ、演劇はマニアックな人たちが勝手に楽しんでいるものと思っていませんか?

最近は、オタクと言えど、必ずしも付き合いにくい人たちとは限らなくなりましたし、多少なりとマニアックな趣味を持っていた方が友達付き合いもしやすい筈です。

今回は、そんなマニアックな趣味と思われがちなものの中でも、ファンも多くメジャーな、宝塚歌劇団の楽しみ方について書いていきたいと思います!

宝塚歌劇団についての基礎知識

宝塚は兵庫県にある町の名前であり、神戸からは少し離れたところにあります。

とは言え、大阪の中心地から1時間程度で行くことが出来るので、その気になれば気軽に足を運ぶことができます。

宝塚歌劇団は、2014年に100周年を迎えた歴史ある歌劇団で、阪急グループに属しています。ですから、阪急百貨店では、宝塚歌劇団にゆかりのあるメロディーが館内放送に使われていますし、阪急電車に乗れば必ず歌劇団の広告を目にすることになります。

出典:宝塚歌劇団

宝塚歌劇団の特徴は、何と言っても未婚女性だけで構成されていることです。

ちなみに、女性なのは実際に舞台に立つ俳優だけであり、オーケストラや演出家、経営陣などには男性も含まれます。

そして、男性役を女性が演じる「男役」こそ、宝塚歌劇団のアイデンティティと言って過言ではありません。

宝塚歌劇団の舞台はここを見て楽しんで!

宝塚歌劇団では、前半にミュージカル、後半にショーがあります。

ミュージカルの演目によっては、後半もお芝居の続きをするので、その場合は最後に短いショーがあります。人気のある劇団員は、歌が得意だったり、ダンスが得意だったり、それぞれに得意なものがあります。

見た目が抜群に美しい人もいますし、お芝居が上手な人もいます。どの劇団員もそれぞれに個性的なので、お気に入りの人を見つけるのが、より楽しめる方法です。

出典:宝塚歌劇団

そして、宝塚歌劇団の舞台を楽しむ最大のコツは、非現実を存分に楽しむことです。

女性が男役を演じるだけでなく、女性を演じる「娘役」も同じです。リアルな女性と言うよりも、より可愛らしく女性らしい姿で演じられます。

こんな女性は現実世界にはいない!と言うわけではないですが、女性側から見ても、こんな人になれたら素敵だな、と思うような女性像を演じているという感じだと思います。

出典:TakarazukaRevueCompany

どの演目を見ればいいの?チケットの買い方は?

宝塚歌劇団は、基本的に花、月、雪、星、宙(そら)組の5つの組で構成されています。

そこに、より優れた劇団員の所属する専科が加わります。

出典:宝塚歌劇団

どの組もそれぞれに良いところがありますし、やっている演目も異なりますので、どの組がおすすめと言うより、まずは日程に合ったチケットを購入されることをおすすめします。

本拠地にある宝塚大劇場と、東京にある2つの専用劇場の他に、全国ツアーなどがあり、年中どこかしらで見ることができます。全国ツアーなどは、専用劇場より上演期間が短く、またキャパも小さいので、限られた人しか見られないのが現状です。

ですので、チケットを最も取りやすいのは、キャパの大きい専用劇場で、東京よりも宝塚大劇場がおすすめです。各チケット販売で先行販売などがありますので、そちらを利用するとチケットを獲得できる可能性が上がります。

有名な演目はどれ?人気のある人はどの人か知りたい!

宝塚大劇場は歴史ある劇団ですので、人気のある演目もいくつかあります。

ストーリーや歌に魅力があったり、男役や娘役の魅力が存分に堪能できる演目だったりします。

出典:宝塚歌劇団

まず、現在最も人気のある演目は「エリザベート」でしょう。

ウィーンが舞台のミュージカルで、音楽が素晴らしく、ストーリにも大変魅力があります。歌が難しいので、歌の上手な劇団員にはぴったりの演目です。

次に、昔から愛されてきたのは「ベルサイユのばら」と「風とともに去りぬ」です。

『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』 [DVD]

「ベルサイユのばら」の主人公オスカルは男装の麗人ですが、オスカルは男役が演じますので男役が女性役をする珍しい演目と言えます。

星組全国ツアー公演 宝塚グランドロマン『風と共に去りぬ』 [DVD]

また、「風と共に去りぬ」も、主人公スカーレットを男役が演じることが少なからずあり、こちらも一見の価値ありです。スカーレットの相手役であるレット・バトラーも、男役としては大変難しいので、こちらも見る価値があります。

この他、人気のある演目はいくつもありますが、人気ある作品は必ず再演されていますので調べればすぐにわかります。「スカーレットピンパーネル」や「オーシャンズイレブン」、「仮面のロマネスク」や「激情」など再演を繰り返している演目はいくつもあります。

宝塚歌劇団は、トップスターを頂点にして役がつけられます。

各組のトップスターになった劇団員は、常に主役かそれに相当する役を演じます。トップスターは、各組に男役と娘役の2人います。

出典:宝塚歌劇団

この2人は人気と実力を兼ね備えてるが故に、トップスターに任命されたということになります。トップスター以外にも、役やセリフのついている劇団員はいます。人気や実力があれば、役やセリフがつきますので、舞台の上で目立った位置にいる人が、人気ある人と考えて間違いありません。

そして、この人気と実力があり、舞台上で目立っている劇団員こそ、次のトップスター候補ということになります。

まとめ

宝塚歌劇団は、初心者でも安心して楽しめますが、基礎知識や楽しみ方を知っていた方がより楽しめます。

基礎知識を備えて、ご自分が見る演目や出演している男役、娘役について調べていくと、もっと楽しめますので、一度チケットを購入し、劇場へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

出典:TakarazukaRevueCompany

これまで、大地真央、黒木瞳、天海祐希ら、数々のトップ女優を世に輩出してきた宝塚歌劇団。 その宝塚歌劇団といえば、「派手なメイク...

スポンサーリンク
Translate »